外部サーバーによる認証管理

外部認証サーバーと連携。
既存情報の有効活用による管理の効率化を実現します。

外部サーバー認証

ICカードの情報をActive Directory®やLDAPサーバーに属性情報として登録することで、サーバーが管理するユーザー情報を複合機やプリンターの利用時のユーザー認証に活用することができます。万が一ICカードを忘れた場合は、ユーザーIDとパスワードの入力で利用可能。ネットワーク上の多様なリソースをActive Directory®で管理するお客様においては、出力機器も同様に一元管理が行え、管理の手間を軽減します。

*Light Weight Directory Access Protocol

外部サーバー認証

2種類の管理者の複数名登録に対応。
管理負荷を分散でき、複合機の運用をより円滑にします。

機械/集計管理者の複数名登録

外部認証サーバーに対し、「機械」と「集計」の2種類の管理者を、それぞれ複数名登録することが可能。管理にかかる負荷を分散することができ、複合機の運用をより円滑にします。
管理者のログインは、自身のICカードをかざすだけ。割り振られた権限に応じて、機器の設定や操作が行えます。

機械/集計管理者の複数名登録

●機械管理者
機器の管理項目・仕様設定を変更できる権限を持つ人
●集計管理者
ユーザー登録・集計に権限を持つ人

サーバー冗長化と本体キャッシュ認証により、
障害発生時の可用性を確保します。

サーバー冗長化

外部認証サーバーは、万一の障害発生に備えて、冗長化を確保。プライマリーサーバーに障害が発生すると、セカンダリーサーバーへの切り替えが行われ、機器は停止することなく継続して利用できます。複合機、プリンターのいずれにおいても同様のシステムを構築できます。

本体キャッシュ認証

一度認証したユーザー情報は、複合機またはプリンターの本体内にキャッシュ。サーバー障害やネットワーク障害などの緊急時には、このキャッシュデータによる認証を行い、出力機器の可用性を確保しています(キャッシュデータは定期的に整理・削除するよう設定可能)。

*プリンターの場合は、本体またはIC Card Gate 2がキャッシュします(対応プリンターについては弊社営業にご確認ください)。

サーバー冗長化/本体キャッシュ認証

商品構成

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ