ユーザーの管理強化

ApeosWare Management Suiteの活用により、セキュアで効率的な運用へ。
カラープリントや出力枚数の機能別の利用制限でTCO削減を実現します。

複合機の利用制限

ユーザー毎やグループ毎にコピー、スキャン、プリント、ファクスといった機能別の利用制限が可能。派遣社員や一時的な職員をテンポラリーユーザーとして登録することもできます。また管理に関わる権限についても柔軟な設定ができるため、管理負荷を分散し、効率的な複合機の運用が可能です。Active Directory®環境のないお客様においては、ApeosWare Management Suiteを複合機やプリンターの認証サーバーとした運用が可能。利用制限をきめ細やかに行うことでセキュアな複合機などの運用とTCO削減につながります。

複合機の利用制限

利用制限・管理設定の例

上限枚数を超えた場合にコピー・プリントが不可に。
出力枚数制限によるコスト削減に加え、ユーザーの意識向上にも寄与します。

上限枚数制限

上限枚数制限の設定により、上限枚数を超えた場合にプリントできないようにすることもできます。上限枚数が設定されたユーザーやグループには、上限値に近づくと警告メールを、上限値を超えた場合には禁止メールを、それぞれ自動配信。また上限枚数は、最低保証枚数の設定やグループ内での按分処理なども可能。適切な制限枚数を設けることで、コスト削減に貢献します。

※オプションのOutput Quota Optionが必要です。

上限枚数制限

上限枚数制限

ユーザー情報の登録・変更が容易かつ柔軟に。
登録・管理業務の効率化を促進します。

大量データの一括設定

データ設定ツールを利用して、ApeosWare Management Suiteへのユーザー情報などの一括登録ができます。ApeosWare Management Suiteの導入時や、ユーザーや機器を大量に追加する場合も、各種情報の登録が容易かつ迅速に行えます。

ユーザーによる登録・設定

ApeosWare Authentication Managementを利用することによりユーザー自身によるユーザー情報の登録・編集を、PCのWebブラウザーからだけでなく、複合機本体からも行えます。新規登録はもちろん、登録済みのパスワード、カードIDなどの編集もユーザー自身が簡単に行え、管理者の負荷軽減につながります。

大量データの一括設定/ユーザーによる登録・設定

商品構成

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ