ページ内移動用のリンクです
サイト内共通メニューへ移動します
ローカルメニューへ移動します
本文へ移動します

DocuWorksによる電子文書セキュリティー

情報の共有・活用を図るために、デジタル複合機のスキャン機能を使って、紙文書の電子化が進んでいます。また、電子文書は、ネットワークを使って社内外と のやりとりをスピーディに行えます。その反面、コピーや内容の変更が簡単にでき、漏えい・改ざんといった問題が生じます。

ドキュメント・ハンドリング・ソフトウェア DocuWorks

アプリケーション、フォーマットの違いを超えて、電子文書と紙文書を一元管理するドキュメント有効活用ソフトウェア「DocuWorks」。
DocuWorksの多彩なセキュリティー機能により、電子文書の安全性を確保し、セキュアなドキュメント環境を実現します。

DocuWorksで実現!電子文書のセキュリティー対策

電子文書の漏洩対策 暗号化・操作制限による機密性確保
パスワードセキュリティー
(DocuWorks電子印鑑、電子証明書でも可能)
電子文書の改ざん防止対策 電子署名による証拠性・完全性の確保
【署名機能】
・DocuWorks電子印鑑
・電子証明書
紙文書の漏洩対策 出力文書の複写抑制・紙文書の管理意識向上
TrustMarkingBasic (オプション)

DocuWorks Context Service 2.0

さらにDocuWorks Context Service 2.0が提供する「コンテキスト・セキュリティー」機能により、社外に持ち出した電子文書を開けなくしたり、配布した後にセキュリティー設定を変更することが可能になります。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ

このページのトップへ