基幹出力(帳票出力)における放置プリント抑止

基幹出力(帳票出力)

プリントジョブにユーザーIDが付与されないため、これまでICカード認証によるプリントの対象外だった基幹システムからのダイレクトな帳票出力に対応します。例えば、SAP環境の場合、快適なプリントを実現するソフトウェアApeosWare Device Typeのカスタマイズにより、ICカード認証への対応を実現。基幹システムにログインしたユーザーが印刷指示を行うと、<SAPのログインユーザーID>と「出力文書名>が追記され、ユーザーが出力機器でICカード認証を行うことでプライベートプリントを実行します。これにより、基幹システムからのダイレクト出力においても、通常のオフィスでの出力と同等の高い安全性と利便性を確保できます。

商品構成

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらから。

お問い合わせ