帳票アプリケーションからの出力における放置プリント抑止

課題

  • 帳票アプリケーションで生成したプリントジョブに、ICカード認証出力に必要なユーザーIDがプリントジョブに付与されない
  • オフィス出力でICカードによる認証出力が実現していても、基幹業務からの出力は認証出力対象外となる
  • 基幹システムからの出力にセキュリティーを確保できないのは大きな課題である

解決の方法

ウイングアーク1st株式会社の「Super Visual FormadeV8.2」を使用することで、認証IDや文書名を付けて送信できるようになり、ICカードによる認証出力が可能となります。

帳票アプリケーションからのICカード認証出力

効果

基幹業務からの出力においても、通常のオフィスでの出力と同等の高い安全性と利便性を確保することが可能。

ICカードによる簡便な操作性のもと、放置プリントや取り間違いを低減。

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ