System i(AS/400)からの出力ソリューション

課題

  • コストのかかるインパクトプリンターをなくしたい
  • 連続用紙によるバーストや仕分け作業を軽減したい
  • 事前印刷用紙にかかるコストや管理作業を軽減したい
  • プリンターセッションをいちいち立てたくない

解決の方法

エミュレーター経由での帳票出力

エミュレーター印刷の機能を利用して、System iからのデータを複合機やプリンターに印刷することができます。帳票の事前印刷用紙を利用せずに、電子フォームオーバレイ機能を利用することができます。PDTファイルを利用して印刷設定を行うこともできますし、プリンタードライバーを利用して印刷設定を行うこともできます。

 

PDTファイルを利用した印刷設定

System iからPDTファイルを利用し印刷設定を行い出力する場合、以下の2つの方法で出力が可能です。

 

■PCOMM対応印刷ユーティリティを利用した出力

富士ゼロックス提供のユーティリティ「IBMRパーソナルコミュニケーションズ対応印刷ユーティリティ」(無償)により、両面/2UP/ホチキス指定などの印刷設定の指定が可能になります。

PCOMM対応印刷ユーティリティでPDFファイルを作成し印刷設定を行う場合

■エイセル株式会社「EDPdriver」を利用した出力

エイセル株式会社提供のソフトウェア「EDPdriver」を使用すれば、自動的にフォームや両面印刷などの印刷設定を切り替え、帳票に合わせた印刷が可能になります。
さらに、オプションの「複写フィルター」を使用すれば、複写伝票のカット紙化も可能です。

エイセル社EDPdriverを利用し印刷設定を行う場合

プリンタードライバーを利用した印刷設定

■エイセル株式会社「EDPdriver EX」を利用した出力

プリンタードライバーを利用し、印刷設定を行う場合、エイセル社「EDPdriver EX」を利用します。EDPdriver EXは、System i(AS400)帳票内の文字列を元に、ジョブ分割、加工、印刷などを行います。

EDPdriver EXを利用し印刷設定を行う場合

System i からダイレクトに帳票出力

System iから印刷データを直接出力する場合、以下の2つの方法で出力が可能です。

■エイセル社「EDPdriver5577 server」を利用した出力

エイセル株式会社提供のソフトウェア「EDPdriver 5577 Server」を使用すれば、System iからダイレクトに出力された5577データを富士ゼロックスのプリンター、複合機で出力可能なESC/Pデータに変換し、ジョブ単位で自動的にオーバーレイの指定や、印刷設定を振り分けて、帳票に合わせた印刷が可能になります。さらに、オプションの「複写フィルター」を使用すれば、複写伝票のカット紙化も可能です。

エイセル社「EDPdriver5577 server」を利用した出力

■株式会社アイエステクノポート社「UT/400-iPDC」を利用した出力

株式会社アイエステクノポートの「UT/400-iPDC」を使用することにより、System iで帳票を作成し、PDFに変換することができます。さらに、「UT/400ダイレクト印刷オプション for XEROX」を使用すれば、富士ゼロックス製のプリンター、複合機でPDFファイルのダイレクト印刷が可能になります。あらかじめSystem i上で印刷設定を指定し印刷すれば、ダイレクトに両面やトレイ指定、ICカード認証プリントの指定を行い出力することができます。

株式会社アイエステクノポートの「UT/400-iPDC」を利用した出力

効果

  • ドットインパクトプリンターの削減につながり、機器コストや運用管理コストを低減
  • 事前印刷にかかるコストや運用管理工数が大幅に削減
  • レーザー出力化、カット紙化により、スピーディで綺麗な帳票出力を実現
  • 専用用紙からカット紙化の実現により、ファイリングスペースや、用紙コストを削減
  • 連続用紙の後処理にかかる手間を省略
  • UT/400-iPDCを使用すれば、System iのみで帳票生成が可能となり、プリントサーバーが不要
  • さらに、印刷設定時に利用するソフトウェアによっては、電子化やICカード認証出力、ダイレクトファクス自動送信が可能

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください