封入封緘のシステム化による業務改善

課題

  • 通知物の封入封緘作業は、現状の手作業では、処理時間の短縮は難しい
  • 封入封緘作業のための、残業やアルバイトにかかる人件費が高い
  • 事前印刷用紙にかかるコストや管理作業を減らしたい
  • 手作業に頼っているため、通知物の誤封入・誤送付のリスクがあり、万一誤送付してしまった場合、対応工数は計り知れない

このページのトップへ

解決の方法

カット紙プリンター・封入封緘機といったハードウエアを組み合わせることで、手作業に頼った通知物の封入封緘業務を改善します。

帳票出力時に封入封緘処理を制御するためのOMRコードを帳票上に付与するソリューションを提供します。

封入封緘機はこのOMRコードを認識し、自動的に封入処理することで誤封入抑止につながります。

上位システムの通知物出力アプリケーションの修正なしに導入することもできます。

解決の方法

このページのトップへ

効果

  • 自動化・機械化により、納期の短縮化
  • 手作業の削減による作業人件費の低減
  • 手作業による封入ミスを抑止

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください