基幹業務の証憑電子化

課題

  • 業務の流れをIT化しても、関連して紙の流れが発生するため、トータルでの業務効率化につながらない。
  • 紙ベースの証憑とデータの付合せに時間がかかる。
  • 紙による文書配布にコストと時間がかかる。
  • 監査時の証憑類の検索に手間がかかる。
  • 経理業務では、経理部門が証憑となる紙文書に基づいてデータを更新するため、証憑が届くまで確定できず、早期決算につながらない。
  • 購買業務では、見積り書・注文請書・納品書と購買データが連携しておらず、管理に手間がかかる。

このページのトップへ

解決の方法

複合機を利用して、証憑類(領収書・請求書・注文請書、納品書等)を電子文書化。電子化した文書を格納する文書管理システム、基幹システムと連携させるソリューションを提供、文書とデータの連携にはQRコードやバーコードを利用します。

1,購買業務(見積書、注文請書、納品書など)

1,購買業務(見積書、注文請書、納品書など)

2,経理業務(経費精算、旅費精算、請求書支払など)

2,経理業務(経費精算、旅費精算、請求書支払など)

このページのトップへ

効果

  • 業務プロセスにおける業務の効率化/TCO削減
  • ペーパーレス化促進(現場での紙保管廃止)
  • 紙とデータの照会/照合作業の効率化
  • 監査時間の短縮(取引に関わる証憑・情報の一元管理化)

このページのトップへ

商品構成

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください