帳票基盤の構築

課題

  • 複数のシステムごとに出力の仕組みがあるため、開発工数や管理の手間がかかる
  • システムごとに帳票設計・出力機器・帳票運用ルールが必要となり、管理が大変
  • 出力システムが複雑化し、ユーザーの要求に迅速に対応できない
  • システムの入れ替えを予定しているが、対外的な顔である帳票の変更はしたくない

このページのトップへ

解決の方法

帳票設計ツールから運用管理まで、トータルで捉えた総合的な帳票基盤である「ApeosWare 基幹連携ソリューション」または、ウィングアーク株式会社の「ウイングアーク総合帳票基盤」を利用し、お客様の帳票出力環境全体の最適化を実現します。

解決の方法

このページのトップへ

効果

  • 各業務システム共通の帳票基盤を構築し、全体を最適化
  • 効率的な開発・運用環境を整備し、システム部門の業務負担を軽減
  • 多様なニーズに対応する出力形態を提供し、ユーザー満足度を向上
  • 印刷データフォーマットの統一や帳票開発・運用環境の一元化により、システム部門の業務を効率化

このページのトップへ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ
div id="secondary">

事例紹介

お問い合わせ

事例・ソリューションに関するお問い合わせはこちらをご覧ください