会計ソフト

会計ソフトだけで大丈夫?経理業務をさらに効率化する方法

会計ソフト

会計ソフトの導入効果

作業量が膨大で複雑、かつ、ミスできない会計業務は多くの企業にとって効率化したい部門です。会計ソフトはこれまで手作業で行っていたさまざまな工程を自動化・効率化できるため、会計部門の飛躍的な効率化が期待できます。会計ソフト導入には、以下のようなメリットがあります。

  • 自動仕分け、金額入力による簡略化、転記ミスや計算ミスの防止
  • 熟練した担当者にかかっていた負荷の軽減
  • 帳簿作成のスピードアップによる、速やかな経営診断
  • 税制改正に合わせたシステムアップデート
  • 試算表や総勘定元帳、損益計算書・貸借対照表まで、一連の会計書類をほぼ自動的に作成

代表的な会計ソフト

クラウド会計ソフト freee

レシートや領収書のスキャンデータを自動で仕分け。専任の会計担当者がいない中小企業や、簿記の知識に乏しい個人事業主でも導入が容易。

弥生会計 オンライン

パッケージ型業務ソフトで高いシェアを誇る「弥生シリーズ」の企業が開発するクラウド会計ソフト。簿記・会計の知識がなくてもわかりやすい画面設計がされており、入力の自動化機能等を持つ。

マネーフォワード

中小企業・個人事業主に利用者の多いクラウド会計ソフト。税理士・会計事務所、社会保険労務事務所と連携するパートナープログラムを用意。

勘定奉行

内部統制や会計監査・IFRS対応が必要な企業を支援。専任スタッフによるリモートサポートや、制度改正時のマニュアル提供などサポート面が充実。クラウド版とオンプレミス版がある。

参考:各社ホームページより

経理業務をさらに効率化する方法

会計ソフトと、他のツールや運用を組み合わせることで、さらなる効率化が狙えます。

たとえば従業員の経費精算を行う場合、会計ソフトと複合機を連動させることで、大量のレシートや領収書を複合機で高速スキャン。会計ソフトに自動送付することができます。また、紙媒体をデータ化することで、保存性と検索性の向上にもつながります。

帳票等の郵送には、「折る・封入・糊付け」まで行う封入封かん機(インサーター)を導入することで、封入作業にかかっていた分の時間を削減できます。

社員用の法人クレジットカードを発行することで、社員が立て替えた経費を一括で管理することができます。また、精算の手間を省き、申請漏れを防ぐことも可能です。

経理業務×複合機活用なら富士ゼロックスにお任せを!

富士ゼロックスは複合機やセキュリティに関する長年の実績とノウハウで、経理業務のさらなる効率化をサポート。会計ソフトと複合機の連携や、電子帳簿保存法(スキャナ保存)の要件を満たした帳簿の電子化など、富士ゼロックスならではのご提案が可能です。

ピックアップソリューション

経理業務改善(クラウド会計ソフト freee 連携ソリューション)の導入効果

複合機による大量・高速スキャンで、領収書等を1枚ずつに画像分割・正しい向きに回転させる機能に加え、freeeのファイルボックスへスキャンデータを自動的に格納することが可能です。経理の事前処理・経理処理の業務プロセスの効率化を実現します。

ソリューションの詳細を見る

会計ソフトについてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ