デジタルトランスフォーメーション(DX)

業界別デジタルトランスフォーメーション導入事例

デジタルトランスフォーメーション(DX)

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは(概要)

トランスフォーメーションとは、変革・変換・転換という意味があり、デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、ビジネス視点においては「デジタルテクノロジーを用いて業務プロセスやサービスを再構築する」ことを指します。デジタルイノベーションによりインターネットやクラウド、AIやIoTが普及するにつれ、これまで人間が担っていたこと・人間にしかできないと考えられていたことが、機械でもできるというようになりつつあります(出典)。企業の競争力維持・強化のためのDX推進が求められる一方で、経営層や現場の意識改革や仕組み作りをどう構築していくのかが企業の課題となっています。

出典:総務省|平成30年版 情報通信白書|第1部

デジタルトランスフォーメーション(DX)の方法

業務プロセスを再構築する最初のステップとなるのが、さまざまなツールや手続きのデジタル化です。これにより業務フローや業務量がデータとして蓄積されます。単なる紙のデジタル化でとどめず、業務プロセスの簡略化、効率化、自動化を伴わせることで、DX実現の推進力となります。DXに関わるデジタル化は、以下の3つに大別されます。

  • モノのデジタル化:紙を電子化するOCRや、文書の自動集計、証拠としての証明力が高い電子文書の作成など。
  • コトのデジタル化:文書の振り分け自動化や、付帯業務の削減になる共有システム、定型作業をロボットが代行するRPA など。
  • 知識のデジタル化:専門性が必要な業務の体系化、熟練者が保有する知見のナレッジ化、大量データを処理しながら分類方法などを自動的に習得する機械学習など。

これらデジタル化がもたらすメリットは、DX実現の推進力となるだけでなく、場所や人的コストの削減や作業効率アップ、自動化やナレッジ化による個々の生産性・スキル向上に繋がります。いずれも企業の競争力維持・強化に欠かすことのできない要素です。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の方法

デジタルトランスフォーメーション(DX)導入事例

OCRやRPAの導入支援などのテクノロジーを用いて、社内の紙を扱う業務や業務プロセスをデジタル化することで、DXの推進を支援します。

お客様導入事例

株式会社保険見直し本舗 様

業務フローを極限まで整備してRPAを導入。全社事務工数の『70%』の削減に成功。さらに文書電子化ソリューションによって、保険業法に適合した効率的なエビデンス管理体制も構築。

導入いただいたソリューションはこちら

 

富士ゼロックス株式会社

請求書処理を「特化型ツール」で効率化。「業務自動化」と「プロセスの一元管理」を同時に実現しました。 ロケーションフリーで導入効果を最大化した、富士ゼロックスの戦略をご紹介します。

導入したソリューションはこちら

モノのデジタル化を実現するソリューションはこちら

コトのデジタル化を実現するソリューションはこちら

知識のデジタル化を実現するソリューションはこちら

デジタルトランスフォーメーション(DX)についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ