OCR

AI-OCR最前線RPAの連携でさらに自動化

OCR

OCRとは

OCR(Optical character recognition/光学的文字認識)とは、書類や画像のデータから文字情報を認識し、文字データとして処理する技術のことです。イメージスキャナやデジタルカメラを使うことで、印刷された文字や手書きの文字を読み取ることができます。

たとえば、手書きの申込書に記載された名前や住所などの情報を読み取り、自動的にシステムに登録することが可能です。そのため、わざわざパソコンに情報を手入力したり、システムに登録したりする手間を省略することができ、人件費などのコスト削減や業務の効率化に役立ちます。 また、読み込んだ文字データは、パソコンに文字入力したときと同様に、コピー&ペーストやキーワード検索が可能です。そのため現在では、データエントリーや帳票の制作において、幅広く活用されています。

しかし、従来のOCRの技術では「手書き文字の認識が難しい」「書類のどこに文字が配置されているのかを指定する必要がある」「定型フォーマットしか対応しない」などの課題も残されており、いまだ人の手を必要とする部分を抱えています。

AI-OCRとは

従来のOCRの課題を解決するために開発されたのがAI-OCRで、文字通りAI(人工知能)を取り入れたOCRのことです。

次世代OCRとして開発されたAI-OCRの特徴は、「機械学習」「深層学習」というAI機能を搭載していること。情報の認識と読み取りを何度も繰り返して経験することで、読み取りの精度が向上します。
これにより、これまでのOCRでは困難だった手書き文字の読み取りも、高精度で対応できるようになります。また、書類のどこに読み取るべき文字が配置されているのかも、AI自動で判別します。フォーマットが異なる帳票の読み取りもスムーズに対応可能です。

人が手動で行うデータ入力は、打ち間違いや入力漏れなどのミスが起こりやすくなるもの。その点、AI-OCRを活用することで、データ入力の手間やミスを大幅に削減することができるのです。

RPAとOCRの連携でデスクワークを自動化

こうしたOCRの技術をもっと便利に活用していただくために、富士ゼロックスが提供しているサービスが、RPA(Robotics Process Automation:ロボットによる業務効率化)とOCRの連携です。

RPAとは、従来、人間が行ってきた定型的なパソコン操作をソフトウェアのロボットにより自動化するもの。作業の効率化や生産性向上を目指し、現在多くの企業がさまざまな定型業務において、RPAとOCRの連携を実施しています。

たとえば、RPAはパソコン上の定型作業を自動化することはできますが、従来であれば、紙媒体の書類情報はまず、手動でパソコン上に打ち込んでからRPAに引き継がなければなりませんでした。
しかし、RPAにOCR機能を掛け合わせることで、手動で行っていた文書入力をOCRで自動化。さらに、このAI-OCR機能を持たせることで、情報の認識精度はますます向上します。
読み取った文書をデータ化し、その後の作業(例:メール送信、帳簿記入、Excelへの転記など)をRPAが行うといったように、一連の作業が人の手をほとんど介在させることなくシームレスに、しかもミスなく行われるようになるのです。

AI-OCRなら富士ゼロックスにお任せを!

富士ゼロックスでは、AI-OCRの導入から、RPAとの連携まで対応するさまざまなソリューションを提供しています。文字データの入出力を自動化することによる業務負荷の軽減や、高精度での文字認識による業務品質の向上など、お客様の業務を幅広くご支援いたします。

お客様導入事例

株式会社保険見直し本舗 様

業務フローを極限まで整備してRPAを導入。全社事務工数の『70%』の削減に成功。さらに文書電子化ソリューションによって、保険業法に適合した効率的なエビデンス管理体制も構築。

導入いただいたソリューションはこちら

OCRソリューションを実現するソリューションはこちら

OCRについてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ