生産性向上

生産性を向上させる4つの方法と取り組み事例

生産性向上

今「生産性」が注目される理由

近年、日本では少子高齢化が進行し、生産年齢人口が減少しています。特に中小企業にとって、人材不足は以前から深刻な課題とされています。
人材の確保が難しい状況で事業をうまく回していくには、少ない人数でも成果を挙げられる企業力が必要です。
そこで注目されているのが、労働生産性です。労働生産性は、業務の効率化や労働者のスキルアップによって向上が図れるもの。国際競争が激化している中、先進国として日本においても生産性向上が重要視されています。

生産性を向上させる4つの方法と導入の手順

生産性の向上といっても、方法はさまざま。以下、代表的な4つの方法と、それぞれの導入の手順をご紹介します。

方法1 ペーパーレス化

複合機のスキャン機能やクラウドを活用し、資料の作成・管理にかかる作業を減らす。
過去の資料もデータ化して管理することで、リードタイムの削減にも貢献。

方法2 業務の自動化

人が行っていた業務を自動化し、作業時間を短縮。時間あたりの処理件数が上がるのはもちろん、勤務時間の短縮にもつながる。

方法3 業務の可視化

個人の業務をフロー化して共有する。合理化できる部分の検討にもつながる。
進捗管理もしやすくなり、業務全体の見通しもよくなる。

方法4 業務の標準化

個々人で品質に差が出ることが課題だった業務について、マニュアル化することで効率を上げ、品質を向上・統一する。

導入の手順

改善したいこと、改善の目的を明らかにする

ただ漠然と生産性の向上に取り組むのではなく、改善したいポイントと、それを改善してどうしたいかといった目的を明確にすることが大切です。

問題点を明らかにし、方向性を定める

現状を把握し、業務のどこに問題があるか、課題を解決するためになにが必要かを明確にします。これにより、どのように改善を行うかの方向性が定まります。

取り組みの内容を具体的にする

上記の2点を行うことで、どのような取り組みが必要になるかが自ずと明らかになります。ここまで来たら、具体的な施策に落とし込み、改善スタートです。

生産性向上なら富士ゼロックスにお任せを!

富士ゼロックスは、強みである複合機と連携したサービスをはじめ、生産性を向上させる4つの方法に適したソリューションを複数ご用意しています。
たとえば「電子帳簿保存法(e-文書法)対応ソリューション」は、真実性の確保と可視性の確保のシステム要件を満たす商品を揃える富士ゼロックスならではの、長年のノウハウを生かしたソリューションです。
その他、請求書のペーパーレス化、入力の自動化、業務の可視化、帳票管理の標準化など、生産性を向上させる数々のソリューションで、貴社業務の効率化を実現するお手伝いをします。

お客様導入事例

株式会社保険見直し本舗 様

業務フローを極限まで整備してRPAを導入。全社事務工数の『70%』の削減に成功。さらに文書電子化ソリューションによって、保険業法に適合した効率的なエビデンス管理体制も構築。

導入いただいたソリューションはこちら

 

株式会社広島銀行 様

営業が行っていた相続業務の事務処理をシステム化。経験の浅い担当者でも着実に相続業務を遂行でき、営業はより営業活動に集中できるように。

導入いただいたソリューションはこちら

ペーパーレス化を実現するソリューションはこちら

業務自動化を実現するソリューションはこちら

業務可視化を実現するソリューションはこちら

業務標準化を実現するソリューションはこちら

生産性向上についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ