帳票出力ソリューション

帳票出力に関するお悩みを解決します

帳票出力に関するお悩み

  • ・帳票管理・保管
  • ・出力コスト削減
  • ・業務効率化
  • ・情報漏洩

帳票管理・保管

  • 紙帳票の保管スペース確保にコストがかかる
  • 帳票控えの管理のための工数が膨大にかかっている
  • システムごとに帳票設計・出力機器・運用ルールが異なり管理が大変

出力コスト削減

  • 印刷用紙にかかるコストや管理作業を軽減したい
  • 請求書等帳票類の印刷コストが高い
  • コストの高いドットインパクトプリンターをなくしたい
 

業務効率化

  • 通知物の封入封緘作業の処理時間短縮やミスの削減を図りたい
  • 紙帳票の検索や監査時の対応に時間がかかる
  • ファクス送信のために一度紙に出力する手間をなくしたい

情報漏洩

  • 放置プリントを抑止したい
  • 帳票アプリケーションでもICカード認証出力を行いたい
  • ファクス文書の誤送信ミスが多発している

帳票管理・保管

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 紙帳票の保管スペース確保にコストがかかる
  • 帳票控えの管理のための工数が膨大にかかっている
  • システムごとに帳票設計・出力機器・運用ルールが異なり管理が大変

こんな解決策があります

電子化により帳票管理・保管コストを大幅削減
紙帳票の管理コストや保管スペースを削減するには、電子化が有効です。ポイントは、紙帳票と同じイメージで作業ができるように電子化することです。

紙帳票の電子化 紙帳票と同じイメージで、電子ファイルに保存し、電子化します。これまでにかかっていた印刷・管理コストや、保管スペースにかかっていたコストが大幅に削減されます
仕分けの自動化・印刷先切り替え機能 帳票の電子化の際、仕訳の自動化、自動的に帳票内のキーワードによって、印刷するプリンター/複合機や、電子文書の保存先/フォルダ名/ファイル名を切り替える機能を付与することもできます。
総合的な帳票基盤の導入で最適化 システムごとにルールが異なる不便さも、帳票設計ツールから運用管理まで、トータルで捉えた総合的な帳票基盤を導入することで、最適化が図れます。これにより業務効率が向上します。

出力コスト削減

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 印刷用紙にかかるコストや管理作業を軽減したい
  • 請求書等帳票類の印刷コストが高い
  • コストの高いドットインパクトプリンターをなくしたい

こんな解決策があります

帳票の出力コスト削減を実現するには「電子化」による効率化が重要に
印刷用紙やそれにかかる手間や工数などのコスト削減や効率化を実現するには、紙帳票類の電子化がポイントになります。

控え帳票の電子化 まずは、紙帳票類を電子化します。例えば控え帳票の電子化は、電子文書の仕訳の自動化、検索性の向上、電子化による二重印刷コストの削減などにもつながります。
System iからのデータを複合機やプリンターに印刷 電子化された帳票の出力時は、基幹システムとしてSystem iを使用している場合、エミュレーター印刷の機能を利用すれば、System iからのデータを複合機やプリンターに印刷可能です。
ダイレクトな帳票出力で機器コスト削減 System i からダイレクトに帳票出力する仕組みを作ることもできます。これにより、ドットインパクトプリンターの削減につながり、機器コストや運用管理コストまでも低減できます。

業務効率化

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 通知物の封入封緘作業の処理時間短縮やミスの削減を図りたい
  • 紙帳票の検索や監査時の対応に時間がかかる
  • ファクス送信のために一度紙に出力する手間をなくしたい

こんな解決策があります

ハードウエアを出力に組み合わせて業務効率化
普段の帳票業務の中で、紙帳票の検索や時間がかかる、通知物の封入封緘作業は手作業で行う必要があり、非効率的などの課題があります。これらを解決するには下記の方法があります。

カット紙プリンター・封入封緘機などのハードウエアを出力に組み合わせる カット紙プリンター・封入封緘機などのハードウエアを出力に組み合わせることで、従来の帳票にかかっていた業務の無駄や手間を減らし、業務効率を改善することができます。
帳票出力時に封入封緘処理を制御するOMRコードを付与 帳票出力時に、封入封緘処理を制御するためのOMRコードを帳票上に付与することで、ミスの防止ができます。封入封緘機はこのOMRコードを認識し、自動的に封入処理することで誤封入抑止になります。
帳票の電子化とファクス自動送信 帳票の電子化で、検索スピードが向上します。また、ドキュメントサーバーシステムと複合機との連携により、端末エミュレーターで生成された帳票をファクスに自動送信。紙に出力する必要がなくなりコスト削減になります。

情報漏洩

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 放置プリントを抑止したい
  • 帳票アプリケーションでもICカード認証出力を行いたい
  • ファクス文書の誤送信ミスが多発している

こんな解決策があります

ICカード認証出力でプライベートプリントが可能に
放置プリントやファクス文書の誤送信ミスなど、帳票を取り巻く環境はセキュリティに不安があります。これについては、帳票アプリケーションのICカード認証出力などで対策できます。

蓄積プリント機能で放置プリント抑止 帳票類の放置プリントを避けるためには、SAPシステムの出力環境を変える方法があります。蓄積プリント機能を使えば、放置プリントの抑止やセキュリティの確保が可能になります。
ICカード認証出力 帳票アプリケーションでも、ICカード認証出力を行うことで、プライベートプリントが可能になります。出力時の意識が向上し、放置プリントの防止にもつながります。
SAP標準帳票出力における認証情報の付与 SAP標準帳票出力を行うにあたって、認証情報の付与も有効です。SAPシステムにログインしたユーザーが印刷指示を行うと、「SAPのログインユーザーID」と「出力文書名」が文書の属性として追記される仕組みです。
ファクス送信業務の自動化 書類をファクスで送る業務が常時発生する場合、ファクス送信の一連業務を自動化する仕組みを低コストで構築します。発注業務の効率化の他、誤送信などのミスを防止することができます。

帳票出力ソリューションのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

導入事例

文書電子化作業の効率化

文書電子化作業の効率化

和光電気株式会社様

複合機による基幹出力やファクスのペーパーレス化により、「環境対応」を促進

文書のセキュリティ

文書のセキュリティ

株式会社新宿高野様

重要紙文書の電子化を進め、セキュリティ対策を強化

その他

その他

山印醸造株式会社様

全社をカバーする帳票基盤を構築

帳票出力ソリューションのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

帳票出力ソリューション一覧

業務効率化

ソリューション名 概要
帳票発行・管理業務効率化

帳票発行業務で、得意先用と自社の控え用に二重で印刷していたところを、控え用の帳票を電子化することによって印刷コストを削減できます。電子化した控え用の帳票は、自動で得意先や発行日ごとなどに仕分けて保存されるため、管理・検索工数を削減できます。

その他

ソリューション名 概要
SAPシステムからの出力における放置プリント抑止

富士ゼロックスのソフトウェア「ApeosWare Device Type」(無償)を採用することにより、設定をカスタマイズすることで、SAP標準帳票出力での認証情報付与を実現することができます。

SAPシステムからの出力ソリューション

SAPシステムの出力において、出力機器の提供だけでなく印刷ジョブや出力機器管理まで、お客様のニーズに応じた最適のシステム構築をサポートしています。

System i(AS400)からの基幹帳票電子化

AS400帳票出力ソリューションで、紙に印刷した帳票と同じイメージで電子ファイルに保存することができます。紙帳票の電子化により、印刷や保管にかかるコストを大幅に削減できます。

帳票アプリケーションからの基幹帳票電子化

帳票アプリケーションで、紙に印刷した帳票と同じイメージで電子ファイルに保存することができます。紙帳票の電子化により、印刷や保管にかかるコストを大幅に削減できます。

帳票基盤の構築

帳票設計ツールから運用管理まで、トータルで捉えた総合的な帳票基盤である「ApeosWare 基幹連携ソリューション」または、ウィングアーク株式会社の「ウイングアーク総合帳票基盤」を利用し、お客様の帳票出力環境全体の最適化を実現します。

封入封緘のシステム化による業務改善

カット紙プリンター・封入封緘機といったハードウエアを組み合わせることで、手作業に頼った通知物の封入封緘業務を改善します。OMRコードを認識し、自動的に封入処理することで誤封入抑止につながります

System i(AS/400)からの出力における放置プリント抑止

System i(AS400)からのエミュレーター経由の出力、ダイレクト出力、それぞれのケースにおいて富士ゼロックスのプリンター、複合機出力対応の認証用ユーザーID情報を付加するシステムを構築します。

System i(AS/400)からの出力ソリューション

エミュレーター印刷の機能を利用して、System iからのデータを複合機やプリンターに印刷することができます。帳票の事前印刷用紙を利用せずに、電子フォームオーバレイ機能を利用することができます。

帳票アプリケーションからの出力における放置プリント抑止

ウイングアーク1st株式会社の「Super Visual FormadeV8.2」を使用することで、認証IDや文書名を付けて送信できるようになり、ICカードによる認証出力が可能となります。

モバイルセキュリティー

社内外での情報共有を可能にし、直行直帰・在宅勤務など、時間と場所を選ばない柔軟で効率的なビジネス環境を構築。オフィスワークへのモバイル端末導入により業務の効率化とスピードアップをご提案します。

セブン‐イレブンのコピー機によるネットプリントサービス

セブン‐イレブンでドキュメントのプリントができるので会社に戻らずに済み、スピード感のあるビジネス展開が可能になります。24時間365日いつでも高画質プリントが可能な為、時間と場所を選ばずにビジネスが進められます。

ふるさと納税ワンストップ特例申請業務改善ソリューション

自由な帳票設計と簡単な設定で、特例申請書に寄附者情報を差し込み印刷することができ、寄附者の特例申請書の記入の負担を減らします。

帳票出力ソリューションのお問い合わせはこちら

お問い合わせ