基幹システム連携ソリューション

基幹システム連携に関するお悩みを解決します

基幹システム連携に関するお悩み

  • ・基幹システム活用
  • ・帳票出力のコスト
  • ・基幹出力のセキュリティ
  • ・基幹システムからのFAX送信

基幹システム活用

  • 個別最適でシステム構築したことでシステム同士が連携していない
  • システム毎に異なるユーザーインターフェイスで作業効率が悪い
  • 基幹データとドキュメントを含めた業務全体が見えない

帳票出力のコスト

  • 請求書等の帳票をお客様と自社控えで二重に印刷しておりコストが高い
  • 大量の帳票を本社で印刷して各拠点に配送しておりコストもかかる
  • 発注書/注文書等の帳票管理フローが徹底されていない
 

基幹出力のセキュリティ

  • 基幹専用プリンターを保有しており出力機器台数を減らしたい
  • 基幹出力の放置プリントを抑止したい
  • 基幹システムからの出力にセキュリティを確保できない

基幹システムからのFAX送信

  • FAX送信のたびに帳票を紙出力することで経費の無駄が発生する
  • EDIシステム・基幹システムとFAXを連携したい
  • FAXでの送信先が多いため先方が話中の場合や送信エラー時の対応が大変

基幹システム活用

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 個別最適でシステム構築したことでシステム同士が連携していない
  • システム毎に異なるユーザーインターフェイスで作業効率が悪い
  • 基幹データとドキュメントを含めた業務全体が見えない

こんな解決策があります

基幹システムは「システム統合基盤」で効率化

基幹システムを他のシステムと柔軟に連携して活用するためには、システム統合基盤を導入してシステム同士を統合することがポイントです。

基幹データとドキュメントを含めた業務全体の見える化を行い、ボトルネックを解消しましょう。システムと業務を整理し、システム統合を行うことで業務効率化を実現します。
例えば、システム毎のユーザーインターフェイスを共通化することで、業務効率が改善されます。

このような、全従業員が使いこなせる柔軟なカスタマイズと基幹システムとの連携を実現する開発プロセス、基幹データとドキュメントまで含めた業務全体を見える化し、共通基盤化することで、投資効率の最適化を図ることができます。

帳票出力のコスト

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 請求書等の帳票をお客様と自社控えで二重に印刷しておりコストが高い
  • 大量の帳票を本社で印刷して各拠点に配送しておりコストもかかる
  • 発注書/注文書等の帳票管理フローが徹底されていない

こんな解決策があります

基幹システムの帳票は電子化で業務効率アップ&コスト削減

基幹システムの帳票出力におけるコスト削減をしたい場合、控え帳票の電子化が有効です。紙帳票を電子化することにより、印刷や保管にかかるコストを大幅に削減。さらに、帳票の検索スピードの向上により、業務効率がアップします。

また、電子ファイルへのアクセス制限によりセキュリティを高め、さらに紙出力の削減による環境負荷の低減まで実現することができれば、課題解決が叶います。

帳票内のキーワードによって、自動的に印刷するプリンター/複合機や、電子文書の保存先/フォルダ名/ファイル名を切り替える機能を付加することも、業務効率の向上につながります。

こうして他システムと柔軟に基幹システム連携を行い、基幹データおよびドキュメントを含めたワークフロー管理を実現するシステム統合基盤をつくる視点も重要です。

基幹出力のセキュリティ

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 基幹専用プリンターを保有しており出力機器台数を減らしたい
  • 基幹出力の放置プリントを抑止したい
  • 基幹システムからの出力にセキュリティを確保できない

こんな解決策があります

ICカード認証・複合機活用で基幹出力のセキュリティを強化

基幹出力のセキュリティを守るには、ICカード認証による基幹システムからの出力に対応するシステムを構築することがポイントです。

基幹システムからの帳票・図面の出力時に、ICカード認証による出力に対応するシステムを構築。ユーザーが出力機器でICカード認証を行ってはじめて出力できるようにすることで、放置プリントを抑止できます。

SAPシステムの出力においては、出力機器の設置だけでなく印刷ジョブや出力機器管理まで、自社のニーズに応じた最適なシステム構築を行うことで業務効率を高めることができます。
エミュレーター印刷の機能を利用して、System iからのデータを複合機やプリンターに印刷したり、System i からダイレクトに帳票出力したりと、基幹システムと複合機などを連携させることで専用プリンターにかかるコスト減にもつながります。

基幹システムからのFAX送信

こんなことでお悩みではありませんか?

  • FAX送信のたびに帳票を紙出力することで経費の無駄が発生する
  • EDIシステム・基幹システムとFAXを連携したい
  • FAXでの送信先が多いため先方が話中の場合や送信エラー時の対応が大変

こんな解決策があります

複合機ファクスとの基幹システム連携でファクス送信が効率化・コスト削減

帳票のファクス送信の効率化・コスト減を図る一つの方法として、基幹システムをファクスと連携させる方法があります。

まず、基幹システムからの帳票データを、端末エミュレーターで帳票化し、電子文書にします。送り状を追加した後、複合機ファクスでファクス文書として自動送信するという方法です。
宛先となるファクス番号は、帳票データ中から読み取り、自動的に設定してファクス送信します。ファクス送信状況は、Web画面でクライアントから確認できるため、従来の話し中や送信エラーなどへの対応もすぐに行うことができ、運用効率も上がります。また、帳票の電子化により、従来の紙帳票の出力の手間とコストの削減も実現できます。

基幹システム連携ソリューションのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

導入事例

全体最適化

全体最適化

株式会社日立情報システムズ様(現:株式会社日立システムズ様)

受注管理プロセスを抜本的に見直し、効率化と統制を両立

業務運用のコスト

業務運用のコスト

パナソニック エコシステムズ共栄株式会社 様

手入力のミスによる品質問題を自動化で改善

その他

その他

株式会社イオン銀行様

複合機により、シンプルかつ効率的な業務システムを構築

株式会社NCPサプライ様

「GroupBoard + ApeosPort」で情報共有と業務改革に成功

九州教具株式会社様

「パブリックプリントサービス」をホテル業界で初めて提供開始

基幹システム連携ソリューションのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

基幹システム連携ソリューション一覧

設計・開発部門向け

ソリューション名 概要
ApeosWare Record Link

富士ゼロックスでは、AI技術を搭載した独自の高精度OCRにより、紙帳票に記載された手書き/活字の文字列をデジタルデータ化し、お客様の業務効率化、データの見える化によるコスト削減や生産性改善に貢献いたします。

設計情報管理ソリューション(BOM・成果物連携)

「抜けもれの無い成果物管理運用」「組織を横断した情報伝達を効率化するBOM主導型開発」「流用性向上を実現する成果物運用(図面、3Dデータなど)」とそれらを支えるシステム基盤を提供します。

設計情報管理ソリューション(2D・3D CAD、PDM、BOMと連携した成果物の全社活用)

設計情報管理ソリューションは、CAD・PDM・BOM等のシステムを連携し、媒体(紙・2D・3D)に関わらず、サプライチェーンを通して図面・構成情報(BOM)・関連図書などを有効活用し課題を解決します。

購買・調達部門向け

ソリューション名 概要
システム統合基盤「intra-mart」を利用した受発注業務ソリューション

他システムと柔軟に連携し、ワークフロー管理を実現するシステム統合基盤「intra-mart」を受発注業務に適用することで課題解決可能です。

生産部門向け

ソリューション名 概要
BIツール活用による生産現場見える化ソリューション

点在していたデータを一つに統合し、現場レベルで必要な情報を自由に組み合わせた分析を可能にするソリューション。部門横断で分析結果を共有することが可能となり、全社改善活動の促進にも貢献します。

営業部門向け

ソリューション名 概要
ApeosWare Record Link

富士ゼロックスでは、AI技術を搭載した独自の高精度OCRにより、紙帳票に記載された手書き/活字の文字列をデジタルデータ化し、お客様の業務効率化、データの見える化によるコスト削減や生産性改善に貢献いたします。

情報システム部門向け

ソリューション名 概要
クラウド認証連携ソリューション

IDaaS(Identity as a Service)を利用し、企業のID管理基盤とクラウドサービスのIDを統合管理できる環境、およびクラウドサービスをセキュアに利用できる環境を提供するソリューションです。

業務効率化

ソリューション名 概要
帳票発行・管理業務効率化

帳票発行業務で、得意先用と自社の控え用に二重で印刷していたところを、控え用の帳票を電子化することによって印刷コストを削減できます。電子化した控え用の帳票は、自動で得意先や発行日ごとなどに仕分けて保存されるため、管理・検索工数を削減できます。

その他

ソリューション名 概要
SAPシステムからの出力における放置プリント抑止

富士ゼロックスのソフトウェア「ApeosWare Device Type」(無償)を採用することにより、設定をカスタマイズすることで、SAP標準帳票出力での認証情報付与を実現することができます。

SAPシステムからの出力ソリューション

SAPシステムの出力において、出力機器の提供だけでなく印刷ジョブや出力機器管理まで、お客様のニーズに応じた最適のシステム構築をサポートしています。

System i(AS400)からの基幹帳票電子化

AS400帳票出力ソリューションで、紙に印刷した帳票と同じイメージで電子ファイルに保存することができます。紙帳票の電子化により、印刷や保管にかかるコストを大幅に削減できます。

帳票アプリケーションからの基幹帳票電子化

帳票アプリケーションで、紙に印刷した帳票と同じイメージで電子ファイルに保存することができます。紙帳票の電子化により、印刷や保管にかかるコストを大幅に削減できます。

帳票アプリケーションからのFAX自動送信による業務改善

エイセル株式会社「DocWays」と複合機との連携により、帳票アプリケーションで生成された帳票をFAXに自動送信します。帳票データ中の宛先番号を読み取ることにより、宛先を自動的に設定します。

System i(AS400)からのFAX自動送信による業務改善

エイセル株式会社「DocWays」と複合機との連携により、端末エミュレーターで生成された帳票をFAXに自動送信します。紙に出力する必要がなくなり、印刷用紙を大幅に削減できます。

System i(AS/400)からの出力における放置プリント抑止

System i(AS400)からのエミュレーター経由の出力、ダイレクト出力、それぞれのケースにおいて富士ゼロックスのプリンター、複合機出力対応の認証用ユーザーID情報を付加するシステムを構築します。

System i(AS/400)からの出力ソリューション

エミュレーター印刷の機能を利用して、System iからのデータを複合機やプリンターに印刷することができます。帳票の事前印刷用紙を利用せずに、電子フォームオーバレイ機能を利用することができます。

帳票アプリケーションからの出力における放置プリント抑止

ウイングアーク1st株式会社の「Super Visual FormadeV8.2」を使用することで、認証IDや文書名を付けて送信できるようになり、ICカードによる認証出力が可能となります。

基幹出力におけるドキュメントセキュリティー

基幹システムからの帳票・図面の出力時に、ICカード認証による出力に対応するシステムを構築します。ICカードによる簡便な操作性のもと、放置プリントや取り間違いを低減します。

システム統合基盤「intra-mart」を利用した金融審査業務ソリューション

基幹系システムと連携できるフロントエンドシステムでイメージワークフローを実現します。原本のままで審査業務を行うのでなく審査書類をイメージデータ化します。

変化への対応力を強化するシステム統合基盤「intra-mart」

他のシステムと柔軟に連携するシステム統合基盤「intra-mart」を導入してシステムを統合、基幹データとドキュメントを含めた業務の全体見える化を実現し、ボトルネックを解消することが有効です。

基幹連携FAX送信ソリューション

基幹システムからデータを受け取り、注文書などの帳票を生成、取引先に対してファクスを自動送信します。確実な送信環境を整え、発注業務の一元化を実現します。

EDI連携FAX送信ソリューション

EDIシステム「ACMS」からデータを受け取り、注文書などの帳票を生成、EDIを介して発注できない取引先に対してファクスを自動送信します。

基幹システム連携ソリューションのお問い合わせはこちら

お問い合わせ