テレワーク・リモートワーク導入支援

テレワーク・リモートワーク導入支援

ワーク・ライフ・バランス向上や育児・介護との両立といった多様な働き方を支援するとともに、災害やパンデミック発生時にも柔軟に対応できるテレワーク・リモートワーク。富士ゼロックスは、お客様の業界・業態に合わせた導入支援で、生産性向上や業務効率化も促す「働き方改革」を推進します。

テレワーク・リモートワーク導入に関するよくある悩み

テレワークの導入を検討しているが、何から取り組めばいいのかわからない

お客様の業務内容を踏まえ、最適なソリューションをご提案します。

社内システムを安全に利用できるかなど、セキュリティ面に不安がある

総務省のテレワークセキュリティガイドラインに沿ってワンストップで対応します。

社内・社外の協業者と顔を合わせなくても情報共有できる仕組みをつくりたい

最新資料をスムーズに共有でき、より効率的なコミュニケーションを可能とする仕組みをご提案します。

※出典元:総務省テレワークセキュリティガイドライン

テレワーク・リモートワーク導入の必要性とは

テレワークとは、「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語です。ICT(情報通信技術)を活用した時間や場所にとらわれない柔軟な働き方を指します。オフィスから離れた場所で仕事をすることから、リモートワークと呼ばれることもあります。

テレワークの形態は、主に「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」の3つに分けられます。

「在宅勤務」は、自宅で仕事をするスタイルです。従来は、育児や介護、身体障害やケガなどによってオフィスへの通勤が困難な場合に活用されることがほとんどでした。

出産離職や介護離職の防止策としても有効なため、経験豊富な人材を失うことや、新たな人材確保に必要な採用コストを削減することにもつながっていました。

現在は、長時間労働の是正や労働生産性の向上を目的とする「働き方改革」を推進するうえでも、在宅勤務の必要性が高まっています。通勤や移動にかかる時間が軽減できるほか、業務の内容によっては集中力を高く維持できる効果も期待できるからです。

「モバイルワーク」は、移動中や外出先でPCやスマートフォン、タブレットを活用して仕事をするスタイルです。

たとえば外回りや移動が多い営業職の場合、データを参照したり日報などの書類を作成したりするためわざわざオフィスに戻る必要がなくなります。勤務先以外でオフィスと同様の通信環境やOA機器が整備された「サテライトオフィス」も、同様の効果が期待できます。

テレワークは、このようにワーク・ライフ・バランスの推進や業務効率化、生産性向上といったさまざまな効果が期待できるため、政府も積極的に推進しています。

2016年に閣議決定された「世界最先端IT国家創造宣言」および「日本再興戦略2016」にテレワークの活用促進が盛り込まれ、2020年までにテレワーク導入企業を3倍、「週1日以上終日在宅で就業する雇用型在宅型テレワーカー数を全労働者数の10%以上」にするとの数値目標を掲げています(いずれも2012年度比)。

さらに、緊急事態が起こったときのBCP対策としても、在宅勤務の有用性が高まってきています。2018年の「平成30年7月豪雨」や2019年の「台風15号」「台風19号」では公共交通機関に長時間の運休・遅延が発生し、2020年には新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、在宅勤務へと切り替える企業が続出しました。

事業の継続性を確保する「万一の備え」としても、テレワークの導入を検討することが必要な時代となってきているのです。

※出典元:「世界最先端IT国家創造宣言」(2013年6月14日閣議決定)
※出典元:「日本再興戦略2016」(2013年6月2日閣議決定)

富士ゼロックスのテレワーク・リモートワーク導入支援の特徴

テレワーク対応のワークスタイルへの変革支援

  • ノートPCやタブレットなどのデバイス導入を含めたモバイル環境を整え、社内外での情報共有を円滑化。在宅勤務や直行直帰など、時間と場所を選ばない柔軟かつ効率的なビジネス環境を構築します。
  • 営業現場のワークスタイル変革も強力にサポート。外出先からの文書共有・修正が可能なソリューションをご提案するほか、お客様の業種・業態を踏まえたうえでワーク・ライフ・バランスを考慮した制度・ルール設定などの支援を行います。

情報漏洩防止・サイバー攻撃へのセキュリティ対策

  • 在宅勤務やモバイルワークなどの情報漏洩防止・サイバー攻撃対策として、ネットワーク環境にセキュリティパッチを毎日自動で更新するなど、常に最新のセキュリティ対策で安全なネットワーク環境をご提供します。
  • クラウド上の管理コンソールでユーザー管理をするため、時間や場所に関係なく管理端末の状況を把握できるソリューションもご用意しています。管理サーバー不要で、導入も運用もお客様に手間をかけることがありません。

モバイル環境の整備

  • モバイル端末からでも、社内のファイルサーバーへストレスのない通信速度で安全にアクセスできる環境を構築しますので、スムーズな情報共有が可能になります。
  • iOSやAndroid OSを搭載したタブレット端末に、必要な電子文書を持ち運べるアプリケーションをインストール。より充実したモバイルワークが実現し、ワークスタイル変革を促します。

情報共有による業務効率化

  • 社内のみならず社外とのファイル共有ができる環境を構築することで、業務効率化と生産性向上を実現します。
  • 複合機のスキャナー機能を活用して紙文書を取り込み、電子文書として情報共有。契約書や基幹文書などの重要書類も、迅速かつ簡単に検索できるため、タイムリーでスムーズな情報連携が可能となります。
  • 社外との情報共有には、クラウド型ストレージを活用。アクセス権設定をすることで、複数メンバーでもセキュリティを確保したファイル共有ができます。情報伝達ミスを防ぐだけでなく、効率的なコミュニケーションが実現します。

富士ゼロックスが提供するソリューション

導入後の効果・実績

株式会社ワイズ技研 様

学校法人 北里研究所 北里大学 様