「働き方改革関連法」対応が必要な背景とは?

「働き方改革関連法」対応が必要な背景とは?

 

「働き方改革関連法」対応が必要な背景とは?

働き方改革関連法は、長時間労働の常態化やそれに起因する過労死などの「働き過ぎ」を防ぎながら、「ワークライフバランス」と「多様で柔軟な働き方」を実現するために、残業時間の抑制や有休の取得などを促す法律として、
2019年4月1日施行されました。

「働き方改革法」の具体例

2020年4月から、いよいよ中小企業も対象に時間外労働の上限規制が始まります。そのため企業は限られた労働時間で活動の質を上げつつ、売上を伸ばしていくことが求められます。

「働き方改革法」の具体例

「働き方改革関連法」による企業の責務とその対応例とは?

下図は、具体的な制度の内容とその対応事項です。「対応済みのこと」「対応を検討中のこと」「未対応のこと」をイメージしながらチェックしてみると、労働時間管理の改革へ取り組むべきことがスムーズに把握できるようになります。

「働き方改革関連法」による企業の責務とその対応例とは?

「働き方改革関連法」に対応するために、どんな仕組みやシステムが必要なのか?

では、働き方改革関連法の観点から見た、システム面での対応策はどうあるべきでしょうか? 働き方改革関連法を確実に順守するためには、労働時間を適切に管理することができるシステムを備えることが欠かせません。

「働き方改革関連法」に対応するために、どんな仕組みやシステムが必要なのか?

業務プロセス最適化とそのあるべき姿(給与業務の例)と効果イメージ

たとえば下図のように、紙書類やエクセル帳票などにもとづく手作業中心の勤怠管理が行われている場合には、業務を最適な流れに再設計し、文書電子化と業務プロセスのシステム化を実施します。これにより総務・経理・人事に関わる業務時間、さらには業務プロセス自体の削減を行い、業務生産性を大幅に向上させることができます。

業務プロセス最適化とそのあるべき姿(給与業務の例)と効果イメージ

業務プロセス最適化とそのあるべき姿(給与業務の例)と効果イメージ

働き方を変えて、生産性をアップ!