ホーム > ソリューション > ドキュメント共有を支援するクラウドサービス「Working Folder」 > Working Folder Plusにおける暗号化文書の開き方

Working Folder Plusにおける暗号化文書の開き方

Working Folder Plusの暗号追跡ドロワーは、特定のユーザーのみが閲覧できるように文書を暗号化し、暗号化した文書の閲覧状況を追跡することが可能です。
本ページでは暗号追跡ドロワーで作成した暗号化文書の閲覧方法についてご案内します。

富士ゼロックスダイレクトへの登録

手順1:富士ゼロックスダイレクトにユーザー登録を実施してください。

暗号化文書では、ユーザーごとに閲覧、転記、および印刷の権限を設定しています。暗号化文書の権限を確認するために富士ゼロックスダイレクトのユーザー認証を実施します。

Working Folderをご利用の方はすでに登録済みのため、この手順は不要となります。

富士ゼロックスダイレクトとは

富士ゼロックスダイレクトは、機器、サービス、ソフトウェアなど富士ゼロックス商品をお使いのお客様にご利用いただける、会員制(無料)のポータルサイトです。

富士ゼロックスダイレクトのご紹介

以下に、富士ゼロックスダイレクトから関連ソフトウェアをダウンロードいただくための準備について、お客様のケース別にご説明させていただきます。

1. 富士ゼロックスダイレクトのユーザーIDをお持ちのお客様

すでにお持ちのユーザーIDとパスワードで富士ゼロックスダイレクトにログインしていただくことで、ダウンロードをしていただくことができます。

パスワードをお忘れの方はこちら

また、以下の弊社サービスをご利用のお客様は、そのサービスのユーザーIDで富士ゼロックスダイレクトにログインしてダウンロードいただけます。

ただし、上記サービスのユーザーIDがメールアドレス以外のお客様は、「富士ゼロックスダイレクト」よりソフトウェアをダウンロードいただくことはできません。お手数ですが、新規に「富士ゼロックスダイレクト」のユーザー登録をお願いいたします。

2. 富士ゼロックスダイレクトのユーザーIDをお持ちでないお客様

恐れ入りますが、事前に富士ゼロックスダイレクトにユーザー登録をしていただきますようお願いいたします。

登録いただいたユーザーIDとパスワードでログインしダウンロードをしていただくことができます。

富士ゼロックスダイレクトのユーザー登録はこちら

DocuWorks Viewer Lightのインストール

手順2:DocuWorks Viewer Light 最新版のインストール

暗号化文書はDocuWorks文書として作成されるため、閲覧するにはDocuWorks Viewer Light 8以降が必要です。

DocuWorks 8以降、またはDocuWorks Viewer Light 8以降をご利用の方はこの手順は不要です。

DocuWorks 7をご利用のお客様は、DocuWorks Viewer Light 8のインストールが必要です。

DocuWorks Viewer lightのインストールはこちら

Working Folder暗号管理ツールのインストール

手順3:WorkingFolder暗号管理ツールのインストール

暗号化文書の閲覧や有効期限の管理を行うソフトウェアで、閲覧するにはインストールが必要です。

DocuWorks 8以降をご利用のお客様で、DocuWorks連携フォルダ forWorking Folder1.5をご利用の方はこの手順は不要です。

Working Folder暗号管理ツールのインストールはこちら

暗号化文書の開き方

手順4:暗号化文書の開き方(閲覧方法)

暗号化文書をクリックすると、下記のダイアログが表示されます。

手順1で登録したメールアドレスとパスワードを入力してください。
すでに、WorkingFolderをご利用のお客様はWorkingFolderと同じメールアドレスとパスワードを入力してください。

認証が成功するとDocuWorks文書が表示されます。このとき表示された文書は暗号化文書の設定により印刷禁止、転記禁止などのセキュリティーが設定されています。

  

認証に成功していても、文書が開けない場合があります。これは、登録したメールアドレスに対してこの文書の閲覧が許可されていないためです。暗号化文書の作成者に閲覧の許可についてお問い合わせください。

「Working Folder」に関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ

他社の商標について

「Working Folder」に関するお問い合わせはこちらをご覧ください

お問い合わせ