Zoho CRM - 営業支援・顧客管理システム

お客様を見える化し、組織営業力を向上させ成約率アップにつなげる

Zoho CRM - 営業支援・顧客管理システム

Zoho CRM は、営業日報などの営業活動記録だけでなく、案件管理や売上見込み管理など営業活動に関連するデータを一元管理できる営業支援・顧客管理システムです。
富士ゼロックスでは、お客様にあった活用方法のご提案や導入時の支援をいたします。


 

見込み客の情報集収

見込み客は、商談アプローチを開始する前の段階のお客様です。
展示会やセミナーなどの販促活動で集めた企業や担当者の情報が管理できます。
Zoho CRMにはメールマーケティングやWebフォームの機能等があり、営業とマーケティングの連携を強化するのに役立ちます。
また、見込み客と商談管理を連携させ、どの販促キャンペーンで獲得した見込み客が成約に繋がったかなど、販促施策の費用対効果を測定するのにも役立ちます。

見込み客の情報集収


 

見込み客へのアプローチ

見込み客の育成(リードナーチャリング)を行うことで勝率アップに繋げることができます。
見込み客を重要顧客にコンバージョンできるかどうかは、効果的なコミュニケーションと対応によって決まります。Zoho CRMはどのキャンペーン活動で集めることができたかなど、見込み客についての様々な情報を管理し、適切な情報提供やフォローを行うことで商談に繋げることができます。
取引に至る経緯や継続取引の履歴も記録していくことができます。
 

見込み客へのアプローチ


 

商談進捗管理

営業にとって商談は、売上につながる最も重要なデータです。
営業活動は、見込み客の獲得から始まり、受注/失注で終わります。一連の営業活動の中では、資料の送付、商品の説明、見積書の送付、価格調整など段階を踏んで行います。

・営業の進捗状況
・商談の総額(商品の個数と単価)
・各ステージでの営業状況と確度
・営業の受注/失注の理由
・競合
・次の期の売上予測


 

継続フォロー(データ活用)

商談状況・活動実績など蓄積されていくデータをレポートやグラフでわかりやすく表示できます。 「今月受注予定の案件一覧」や「営業担当者別の活動報告」など、必要な情報をリアルタイムに集計します。総額計算や活動件数の集計などを自動化して戦略立案のための時間を作れます。
 

一例
・今月完了予定の商談
・ステージ別、確度別の進捗状況
・キャンペーン別の商談
・業界別の取引先
・見込み客のデータ元別の売上
・ステージ別の進捗状況
・データ元別、ステータス別の見込み客

 


 

Zoho CRMの主な機能

Zoho CRMは顧客情報・商談情報の一元管理、SNSとの連携、システムのカスタマイズなど、顧客管理システムとして必要な機能は全て満たしています。またクラウドサービスなのでスマートデバイスなどでも外出時に操作することができます。

Zoho CRMの主な機能

Zoho CRMは、働き方にあった仕組みになるよう、カスタマイズできます。Zohoの他サービスはもちろん、会計や分析、Eメール、イベント管理など、さまざまな活動をサポートする他社のツールとの連携も可能なので、ニーズにあわせて、よりスムーズに業務が進められる環境を構築することができます。
 

連携


 

「Zoho」 に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

「Zoho」 に関するお問い合わせはこちらをご覧ください。

お問い合わせ