ビジネスレポート

人材育成やビジネス力強化など 課題解決のお手伝い ビジネスレポート

なぜ若手社員は、リーダーになろうと思ってくれないのか
― 若手社員のリーダー志向を発芽させるために ―
若手社員にリーダー志向を抱かせるには

2. 若手社員にリーダー志向を抱かせるために

2-1. リーダー志向の源泉

入社時にはリーダーに興味がなかったけれども今はリーダーシップを発揮している25~34歳の若手社員415人に対して、リーダーを志すようになった要因をいくつかの角度から定量調査しました。その調査データを因子分析という手法で分析しました。その結果、リーダーを志すようになる直前の気持ちの変化が3種類浮かび上がりました。つまり、このような気持ちを抱かせることができれば、リーダーになりたいと思ってもらえるのです。

<リーダー志向の3つの源泉>
  • 野心:いまよりも大きな成果を上げ、自分の次のステップにつなげたい
  • 利他:部下や後輩、一緒に働く人が成果を上げられるように、手助けをしたい
  • 責任:自分が先頭に立って、部下や後輩を引っ張っていかなければならない

誤解のないように、補足説明をします。「野心」には2つの側面があります。1つは「大きな仕事を成し遂げたい、高い目標を達成したい」というポジティブな要素です。そして、もう1つは「認められたい、出世したい」という、卑近な例で言えば“のし上がってやろう”という感覚です。
そして「責任」ですが、これが仕事全般に関する責任感とは違います。「自分が引っ張っていかなければ」という、限定された責任感です。
図表4は因子分析の結果です。たくさんの数字が記載されていますがそれらは無視して、「質問項目」だけを見てください。3種類の気持ちの変化それぞれが具体的にイメージできると思います。

図表4:リーダー志向をもたらす気持ちの変化

2-2. 野心・利他・責任を抱くきっかけ

それでは、どんなときに「野心」「利他」「責任」を抱くようになるのでしょうか。予備調査で具体的な場面を述べていただき、その後に定量調査を実施して、統計的に分析しました。図表5の「●」が、関係があることを示しています。

図表5:野心・利他・責任を抱くようになったきっかけ

【 野心 】

野心は、(7)「自分の仕事の実力がついてきた」と(11)「以前に比べて周りから頼られるようになった」に●が付いています。ざっくり言えば、仕事に対する自信がついたときに、野心を抱くことが多いようです。部下の野心を高めようとした場合は、仕事の成果を自覚させるようなフィードバックが大切だといえるでしょう。

【 利他 】

利他は、(1)「部下・後輩を持つようになったり、部下・後輩が増えた」と(4)「いろいろな人と協力して仕事をする経 験をした」に●が付いています。つまり、周囲の人たちとの接点の多さが影響するようです。部下に利他の気持ちを抱 いてもらうには、さまざまな人と協働する機会を与えるとよいということです。

【 責任 】

責任が関係しているのは、(1)「部下・後輩を持つようになったり、部下・後輩が増えた」だけです。それよりも、関係していないところを見たほうがいいと思います。(5)「昇進・昇格した」には●がついていません。主任とか課長というポジションを与えれば、自分が引っ張っていかなければという責任感が湧くわけではないということです。いくらポジションを与えたところで、実際に引っ張るべき相手がいなければ、リードする責任感がなかなか湧かないのは当然です。ポジションなどよりも、公式でも非公式でも、その人が面倒を見るべき社員をつけることが重要です。

もちろん、実際はそんな単純ではありません。人の意識はそんなに簡単には変わりません。ただ、その確率は高くなる ということを、調査結果が示しています。

  • 注記 このレポートは2018年2月時点の情報です。2019年7月1日より株式会社 富士ゼロックス総合教育研究所はパーソルラーニング株式会社になりました。

富士ゼロックスダイレクト「お役立ち」では、この他にも複合機の活用術やビジネスに役立つ法務知識、健康に役立つトピックスなど、富士ゼロックスが厳選した情報をお届けしています。

富士ゼロックスダイレクト会員の方は「ログイン」、まだ会員でないお客様は「ユーザー登録(無料)」にお進みの上、ぜひご活用ください。