セキュリティーを設定する

コンテンツID(1150)

概要

メールの暗号化通信を行うために、S/MIMEの設定をします。S/MIMEの設定には、本体にS/MIME証明書の登録が必要です。また、暗号化通信を行うには、送信先の個人証明書またはデバイス証明書も必要です。

補足
  • 以下の手順には、ネットワーク管理者の支援が必要です。

手順

  1. [仕様設定/登録]画面で、[仕様設定]の[ネットワーク設定]を選び、[▼]を押して[セキュリティ設定]を押します。



  2. [S/MIME設定]を押します。



    補足
    • XPSとは、XML Paper Specificationの略称です。
  3. 以下の項目を設定します。





    • [本体の証明書‐S/MIME]: S/MIME 通信で使用する証明書を設定します。

    • [S/MIME通信]: 証明書IDが設定された場合に[S/MIME通信]を有効にするか無効にするかを設定します。

    • [信頼できないメール]: 信頼できないメールを受信するかどうかを設定します。

    • [信頼できないインターネットファクス](画面上で使用可能になっている場合): 信頼できないインターネットファクスを受信するかどうかを設定します。

    • [メッセージダイジェスト方式]: メッセージダイジェスト方式を[SHA1]または[MD5]から選びます。

    • [本文の暗号化方式]: 本文の暗号化方式を[3DES]、[RC2-40]、[RC2-64]、または[RC2-128]から選びます。

    • [暗号化メール分割送信]: 暗号化メールを送信先ごとに分割送信するかどうかを設定します。

    • [暗号化インターネットファクス分割送信]: 暗号化したインターネットファクスを送信先ごとに分割送信するかどうかを設定します。

    • [署名‐メール送信]: メールに署名を常に添付するか、メール送信時に署名を選択するかを設定します。

    • [署名用証明書(メール)]: [スキャナー(メール送信)]の[デジタル署名]で使用する証明書を指定します。

    • [署名‐インターネットファクス送信](画面上で使用可能になっている場合): インターネットファクスに署名を常に添付するか、インターネットファクス送信時に署名を選択するかを設定します。

    • [証明書の自動取得]: 宛先表に登録されているアドレスから送信されたメールを受信したときに、メールに添付されているS/MIME証明書を自動的に保存するかどうかを設定します。

  4. メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

    補足
    • [仕様設定]以降または[登録/変更]以降の機能を設定した後で、<メニュー>ボタンを押すと1回でメニュー画面に戻ります。
  5. 設定を変更すると、[再起動]画面が表示されます。[はい(再起動する)]を押すと本体が再起動し、設定した内容が有効になります。



  6. 本体の再起動後、機能設定リストをプリントして、各項目が設定されていることを確認します。以下の関連項目を参照してください。

  7. メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。
    引き続き、メールを送信してみるを行います。

    補足
    • [仕様設定]以降または[登録/変更]以降の機能を設定した後で、<メニュー>ボタンを押すと1回でメニュー画面に戻ります。

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答