主電源を切る

コンテンツID(1400)

概要

本体の主電源を切ります。

注記
  • 操作パネルのディスプレイが表示されているとき、または<節電>ボタンが点灯しているときは、主電源を切らないでください。ハードディスクやメモリーが破損したり、故障の原因になることがあります。
  • 電源プラグを抜くときは、主電源を切ってから抜いてください。ハードディスクやメモリーが破損したり、故障の原因になることがあります。
  • 主電源スイッチの[]側を押すと、操作パネルの右側にある<主電源>ランプが消灯し、本機の電源が完全に切れます。ファクス機能をお使いの場合、主電源を切るとファクスのメモリーに蓄積されている内容が消去されることがあるので、ケーブルの接続や清掃などを除き、通常は主電源スイッチを切らないでください。

手順

  1. 電源が切れていることを確認します。

  2. 操作パネルのディスプレイが消えていることと、<節電>ボタンが消灯していることを確認します。

  3. 正面カバーを開けます。



  4. 主電源スイッチの[]側を押して、主電源を切ります。



    操作パネルの<主電源>ランプが消灯します。

  5. 正面カバーを閉じます。

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

解決しましたか