誤送信抑止のために、宛先を再入力させたい

コンテンツID(1310)

概要

ファクスやインターネットファクスの誤送信を抑止するために、宛先を再入力させます。

手順

  1. <認証>ボタンを押します。



  2. 数字ボタン、または表示されるキーボードを使って、機械管理者のUser ID を入力し、[確定]を押します。



    【補足】

    • パスワードを入力する場合は、[次へ]を押し、機械管理者のパスワードを入力して[確定]を押します。

  3. メニュー画面の[仕様設定/登録]を押します。



  4. [仕様設定]>[ファクス設定]>[ファクス動作制御]を押します。



  5. [宛先の再入力]を選び、[確認/変更]を押します。



  6. [する]を選び、[決定]を押します。



  7. ここで設定を終了する場合は、メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。
    同報指示時に宛先を再入力させる場合は、「同報指示時に再入力する」に進みます。

同報指示時に再入力する

  1. [ファクス動作制御]画面で、[再入力時の同報指示]を選び、[確認/変更]を押します。



  2. [同報指示時も再入力する]を選び、[決定]を押します。



  3. ここで設定を終了する場合は、メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。
    短縮番号で宛先を指定したときに、宛先を再入力させる場合は、「短縮番号時に再入力する」に進みます。

短縮番号時に再入力する

  1. [ファクス動作制御]画面で、[再入力時の短縮指示]を選び、[確認/変更]を押します。



  2. [短縮番号で再入力]を選び、[決定]を押します。



  3. メニュー画面が表示されるまで、[閉じる]を押します。

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

解決しましたか