[ファクス設定]の[ファクス動作制御]から設定する

コンテンツID(2580)

  1. 機械管理者としてログインします。

    1. 〈認証〉ボタンを押します。



    2. 認証画面で機械管理者のUserID、パスワードを入力し、[確定]を押します。



      【参照】

      詳細については機械管理者モードに入る方法を参照してください。

  2. [仕様設定/登録]ボタンを選択します。



  3. [ファクス設定]ボタンを選択します。



  4. [ファクス動作制御]ボタンを選択します。



    • 手動リダイヤルの保存件数の設定

      1. [6.手動リダイヤル宛先保存数] を選択し[確認/変更]を押します。



      2. 最大15件の設定ができます。



      3. 件数を入力したら[決定]を押します。

    • リダイヤル対象宛先の設定

      1. [7.手動リダイヤル対象宛先] を選択し[確認/変更]を押します。



      2. 必要な項目を選択してください。(複数選択できます)



        補足

        たとえば、フルダイヤルと短縮番号にチェックを入れた場合、テンキーで宛先入力した番号と短縮番号で送信した履歴の両方がリダイヤルの画面に表示されます。

        注記

        すべてのチェックを外すと、リダイヤル機能なしになります。

  5. [決定]を押します。

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答