IPアドレスを設定する

コンテンツID(1090)

概要

IPアドレス、サブネットマスク、およびゲートウェイアドレスなどを設定します。

ここでは、使用環境がIPv4の場合を例に説明します。

手順

補足
  • IPアドレスがすでに設定されている場合は、以下のステップは不要です。また、DHCP、BOOTP環境の場合は、IPアドレスの取得方法を設定してください。

  • アドレスが自動的に取得できない場合や、手動設定が好ましい場合は、IPアドレス、サブネットマスク、およびゲートウェイアドレスを以下に記載したとおりに設定してください。

  1. ホーム画面で認証情報の表示エリアを押します。

    image

  2. 機械管理者IDを入力し、[確定]を押します。

    image

    補足
    • パスワードの入力が必要な場合は、機械管理者IDを入力したあと[次へ]を押し、パスワードを入力します。

  3. ホーム画面で[仕様設定/登録]を押します。

    image

  4. [仕様設定]>[ネットワーク設定]>[プロトコル設定]を押します。

    image

  5. [TCP/IP - ネットワーク設定]を選び、[確認/変更]を押します。

    image

    補足
    • セカンダリーイーサネット(オプション)を装着している場合、本設定項目は[TCP/IP 設定(Ethernet1)]、[TCP/IP 設定(Ethernet2)]となります。IPアドレスを設定するときは、[TCP/IP 設定(Ethernet1)]を選んでください。

    • 無線LANネットワークで本機を運用している場合、本設定項目は[TCP/IP設定(Wi-Fi)]となります。

  6. [IPv4 - IPアドレス取得方法]を選び、[確認/変更]を押します。

    image

  7. IPアドレスの取得方法を選び、[決定]を押します。

    image

    • DHCPから取得

      DHCPサーバーからIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを自動的に取得します。

    • BOOTPから取得

      BOOTPサーバーからIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを自動的に取得します。

    • DHCP/AutoIPから取得

      DHCP サーバーからIP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを自動的に取得します。

      DHCPサーバーとの通信に失敗した場合は、AutoIP機能が有効となり、IPアドレス(169.254.xxx.xxx)が割り当てられます。この場合も、DHCP サーバーと通信可能となった場合は、DHCP サーバーから取得し直します。

    • 手動で設定

      IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを手動で設定します。IPアドレスを設定しないと、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスは設定できません。

    補足
    • DHCPサーバーを使用する場合は、Windows® Internet Name Service (WINS)サーバーも設定してください。DHCPサーバーを設定するときには、CentreWare Internet Servicesを使用してください。詳細については、『ユーザーズガイド』の「コンピューターからの操作」>「CentreWare Internet Services」を参照してください。

  8. [手動で設定]を選んだ場合は、「手動で設定する」に進みます。

    それ以外の場合、ホームボタンを押すと、[再起動]画面が表示されるので、[はい(再起動する)]を押します。

    image

  9. 引き続き、メールアドレスやホスト名を登録するを行います。

手動で設定する

  1. [TCP/IP - ネットワーク設定]画面で、[IPv4 - IPアドレス]を選び、[確認/変更]を押します。

    image

  2. 表示されるキーボードとキーパッドを使って、IPアドレスを入力し、[決定]を押します。

    image

    補足
    • アドレスは、xxx.xxx.xxx.xxxの形式で入力してください。xxxは、0〜255の範囲内の数値です。ただし、224〜225.xxx.xxx.xxx と 127.xxx.xxx.xxx は使用できません。数値をクリアして再入力するには、[全削除]を押してください。

  3. 手順1〜2と同じ方法で、[IPv4 - サブネットマスク]と[IPv4 - ゲートウェイアドレス]を設定します。

    補足
    • ゲートウェイアドレスは、xxx.xxx.xxx.xxxの形式で入力してください。xxxは、0〜255の範囲内の数値です。ただし、224〜225.xxx.xxx.xxx と 127.xxx.xxx.xxx は使用できません。0、128、192、224、240、248、252、254、および255の数値を組み合わせてサブネットマスクを指定します。ただし、0以外の値の間に0を使用することはできません。ゲートウェイアドレスを設定しない場合は、0.0.0.0を入力します。

  4. ホームボタンを押すと、[再起動]画面が表示されるので、[はい(再起動する)]を押します。

    image

  5. 本体の再起動後、機能設定リストをプリントして、ポートが有効になっていること、およびTCP/IPが正しく設定されていることを確認します。

    引き続き、メールアドレスやホスト名を登録するを行います。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答