宛先表にスキャンした文書を保存するパソコンを登録したい

コンテンツID(1830)

概要

宛先表に、スキャンした文書の保存先として自分のパソコンを登録しておくことができます。

手順

  1. ホーム画面で認証情報の表示エリアを押します。

    image

  2. 機械管理者IDを入力し、[確定]を押します。

    image

    補足
    • パスワードの入力が必要な場合は、機械管理者IDを入力したあと[次へ]を押し、パスワードを入力します。

  3. ホーム画面で[仕様設定/登録]を押します。

    image

  4. [登録/変更]>[宛先表登録(短縮宛先登録)]を押します。

    image

  5. 使用していない短縮番号を押します。

    image

    補足
    • 4桁の番号を入力すると、指定した短縮番号が画面の一番上に表示されます。

  6. [宛先種別]を押します。

    image

  7. [サーバー]を選び、[OK]を押します。

    image

  8. [宛先名]を押します。

    image

  9. 表示されるキーボードとキーパッドを使って、宛先名(18文字以内)を入力し、[決定]を押します。

    image

    補足
    • 宛先名は、宛先表に表示される名前です。

  10. [索引文字]を押します。

    image

  11. 表示されるキーボードとキーパッドを使って、索引文字(ひらがな、英数のうちどれか1文字)を入力し、[決定]を押します。

    image

    補足
    • 索引文字は、宛先表で検索するときに使用するキーワードです。

  12. [転送プロトコル]を押します。

    image

  13. [FTP]または[SMB]を選び、[OK]を押します(ここでは[SMB]を選びます)。

    image

  14. [サーバー名/IPアドレス]を押します。

    image

  15. 表示されるキーボードとキーパッドを使って、スキャン文書を保存するパソコンのIPアドレスを入力し、[決定]を押します。FTPを使用する場合は手順18に進みます。

    image

  16. [共有名(SMBのみ)]を押します。

    image

  17. 表示されるキーボードとキーパッドを使って、スキャン文書を保存するパソコンに作成した共有フォルダーの名前を入力し、[決定]を押します。

    image

  18. スキャン文書を共有フォルダー(SMB転送の場合)やログイン時のルートディレクトリー(FTP転送の場合)の中のフォルダーに保存する場合は、[保存場所]を押します。

    スキャン文書を共有フォルダー(SMB転送の場合)やログイン時のルートディレクトリー(FTP転送の場合)に直接保存する場合は、[(未設定)]のままにし、手順20に進みます。

    image

  19. 表示されるキーボードとキーパッドを使って、保存先フォルダーの名前を入力し、[決定]を押します。

    image

  20. [ユーザー名]を押します。

    image

  21. 表示されるキーボードとキーパッドを使って、パソコンにアクセスするためのログインユーザー名を入力し、[決定]を押します。

    image

  22. [パスワード]を押します。

    image

  23. 表示されるキーボードとキーパッドを使って、ユーザー名に対応するパスワードを入力し、[決定]を押します。

    image

  24. [OK]を押します。

    image

  25. ホーム画面に戻るには、ホームボタンを押します。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

解決しましたか