発信元名などの自局情報を変更したい

コンテンツID(6306)

ファクス設定は、機械管理者モードで行う必要があります。

設定の流れ

  1. 機械管理者モードに入る
  2. [仕様設定/登録]を選ぶ
  3. [自局情報]を選ぶ
  4. 変更したい自局情報(ここでは発信元名)の設定を変更する

機械管理者モードに入る

機械管理者モードとは、本機の管理者が機能の設定や変更などを行い、使用環境を管理するための機能です。機械管理者モードに入るには、機械管理者IDやパスワードが必要になります。

  1. 認証情報の表示エリアを押します。

    image

  2. 機械管理者IDを入力し、[確定]を押します。

    image

    補足
    • [認証/セキュリティ設定]の[認証の設定]の[パスワードの運用]で[パスワード使用-パネル入力時]を[する]に設定している場合は、パスワードの入力が必要です。

    • パスワードを入力する場合は、[次へ]を押し、機械管理者のパスワードを入力して[確定]を押します。

      image

  3. タッチパネルディスプレイの認証情報の表示エリアが、[機械管理者]になったことを確認します。

    image

    補足
    • 機械管理者の認証に失敗すると、次のメッセージが表示されます。

      「認証できませんでした。機械管理者IDを入力してください。」

    • 機械管理者の認証に、設定回数を超えて失敗すると、次のメッセージが表示されます。

      「認証失敗回数が制限値を超えました。これ以上操作できません。」

      • 本機を再起動すると、失敗した回数はリセットされます。

      • アクセス拒否状態を解除するときは、本機の電源を切り、操作パネルのディスプレイが消灯してから、もう一度電源を入れ直してください。

設定を変更する

  1. ホーム画面の[仕様設定/登録]を押します。

    image

  2. [仕様設定]>[ファクス設定]>[自局情報]を押します。

    image

  3. 変更したい自局情報(ここでは[発信元名])を選び、[確認/変更]を押します。

    image

    補足
    • [発信元名]は、通常のファクス送信の発信元記録や送信シートなどにプリントされる自局の名称です。

    • 回線(ポート)を指定したファクス送信、またはIPファクス(SIP)送信でも、[回線1〜3発信元名]や[回線SIP発信元名]が未登録の場合は、この[発信元名]が使用されます。

  4. 全角30文字以内で入力し、[決定]を押します。

    image

  5. ホーム画面に戻るには、ホームボタンを押します。

補足
  • 装着されているオプションによって、表示される項目が異なります。

    G3通信で使用できる回線は、回線1、回線2、回線3で、最大3回線です。

    発信元名、G3ID(ファクス番号)、G3ダイヤル種別、G3回線種別を設定できます。

    次の初期値が設定できます。

    • 自局名

      自局の名前を自局名として登録します。

      自局名は、相手側のディスプレイや通信管理レポートに表示されます。ただし、相手機によっては表示されないことがあります。

      半角20文字以内で指定します。

    • 発信元名

      発信元の名前を登録します。発信元名は、発信元記録や送信シートなどにプリントされる自局の名称です。

      全角30文字以内で指定します。

      回線(ポート)を指定したファクス送信、またはIPファクス(SIP)送信でも、[回線1〜3発信元名]や[回線SIP発信元名]が未登録の場合は、この[発信元名]が使用されます。

    • 受信パスワード

      受信パスワードは、ファクスを送信してくる相手を制限したいときに設定します。

      受信パスワードを設定すると、Fコードで正しい受信パスワードを指定して送ってくる相手だけ、受信やポーリングを受け付けます。Fコード機能を持っていないファクスなどからは、受信できなくなるので、注意してください。

    • 回線1〜3発信元名

      回線1〜3の発信元の名前を登録します。発信元名は、発信元記録や送信シートなどにプリントされる自局の名称です。

      全角30文字以内で指定します。

    • 回線1〜3 G3ID(ファクス番号)

      回線1〜3のG3通信をする場合のG3IDを登録します。

      20桁以内で指定します。

      G3ID(ファクス番号)は、20桁以内で0〜9、+、スペースが使用できます。

    • 回線1〜3 G3ダイヤル種別

      回線1〜3のダイヤル種別を設定できます。

      • PB
        プッシュ回線です。

      • 10pps
        ダイヤル回線です。

      • 20pps
        ダイヤル回線です。

    • 回線1〜3 G3発信動作

      回線1〜3の発信動作を設定できます。

      通常は工場出荷時設定のままお使いください。工場出荷時設定は国ごとに異なりますが、PBX接続時など[トーン検知する]で通信エラーとなる場合は、[トーン検知しない]に変更してください。

      • トーン検知する
        NTTまたはPBXで発信する場合に設定します。
        一般電話回線や構内交換回線などをお使いで、ダイヤルトーンを検出したら発呼させたい場合に選択してください。

      • トーン検知しない
        NTTまたはPBX設定で発信できない場合に選択してください。
        ダイヤルトーンは、交換機から発信される音です。交換機と正常につながったことを示します。

    • 回線SIP発信元名

      IPファクス(SIP)の発信元の名前を登録します。発信元名は、発信元記録や送信シートなどにプリントされる自局の名称です。

      全角30文字以内で指定します。

    • 回線SIP G3ID

      IPファクス(SIP)をする場合の相手局に送信するG3IDを登録します。

      20桁以内で指定します。

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答