本機の宛先表を取り込み、ダイレクトファクスで利用したい

コンテンツID(6323)

設定の流れ

  1. [複合機]本機の機種名を確認する
  2. [複合機]本機のIPアドレスを確認する
  3. [PC]ファクス宛先表ツールをインストールする
  4. [PC]本機に登録されている宛先表をCWISで取り出す
  5. [PC]ファクス宛先表ツールの宛先表に保存する
  6. [PC]宛先表を参照してダイレクトファクスを送信する
  7. [PC]CWISで送信結果を確認する

ここでは、パソコンでの操作と複合機での操作が必要です。パソコンでの操作は[PC]、複合機での操作は[複合機]と明示しています。

[複合機]本機の機種名を確認する

  1. 本機の機種名は、本体上部右側に表示されています。

[複合機]本機のIPアドレスを確認する

  1. [機械確認(メーター確認)]を押します。

    image

  2. [機械確認]画面の[機械情報]を押します。

    image

  3. IPアドレスを確認します。

    image

    注記
    • IPv6アドレスを設定している場合、IPv4のIPアドレスは表示されません。

      機械管理者モードで[仕様設定]>[ネットワーク設定]>[プロトコル設定]>[TCP/IP - ネットワーク設定]を選び、[確認/変更]を押して、[IPv4 - IPアドレス]を参照してください。

  4. [×]を押します。

[PC]ファクス宛先表ツールをインストールする

  1. 弊社公式サイトのダウンロードページからファクス宛先表ツールをダウンロードします(無償です)。

    補足
    • ダイレクトファクスで使用する「宛先表ファイル」を作成・編集するために必要です。

  2. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、[使用許諾条件]に同意します。

  3. 解凍されたフォルダーを開き、「setup.exe」をダブルクリックします。

  4. セットアップウィザードが開きます。

    [次へ]をクリックします。

    image

  5. インストール先のフォルダーを確認し、[次へ]をクリックします。

    image

  6. ショートカットの作成場所を確認し、[次へ]をクリックします。

    image

  7. [次へ]をクリックします。

    セットアップが開始されます。

    image

  8. セットアップが完了したら、[完了]をクリックします。

    image

    補足
    • READMEファイルを自動で開きたくない場合は、[READMEファイルを開く]のチェックを外してから[完了]をクリックしてください。

  9. 宛先表ツールが起動します。

[PC]本機に登録されている宛先表をCWISで取り出す

  1. Webブラウザーのアドレス入力欄に、本機のIPアドレス、またはインターネットアドレスを入力し、<Enter>キーを押します。

    補足
    • 通信を暗号化している場合、CentreWare Internet Services (CWIS)にアクセスするには、Webブラウザーのアドレス欄に「http」ではなく「https」から始まるアドレスを入力してください。

    • 本機の設定で、認証設定されている場合は、<Enter>キーを押したあとに機械管理者ID/パスワードの入力が必要となります。

    • IDとパスワードの初期値は、機械管理者にお問い合わせください。

  2. [プロパティ]タブをクリックし、機械管理者IDとパスワードを入力して[OK]をクリックします。

    image

  3. [サービス設定]>[ファクス]>[宛先表]を選び、[データのエクスポート(一括取り出し)]の[エクスポートする]をクリックして、宛先表をCSVファイルで保存します。

    image

    補足
    • 保存したCSVファイルをMicrosoft® Excel® などで開かないでください。ファクス宛先表ツールで正常に読み込めなくなります。宛先の編集をする場合は、次項に従い「ファクス宛先表ツール」で行ってください。

[PC]ファクス宛先表ツールの宛先表に保存する

  1. ファクス宛先表ツールを起動します。

    image

    注記
    • Windows® 8 の場合、スタート画面上で右クリック>[すべてのアプリ]>[アプリ]から選びます。

    • Windows® 8.1(マウスを利用)の場合、スタート画面上でカーソルを動かす>画面左下に表示された[↓]>[アプリ]から選びます。

    • Windows® 10の場合、[スタート]>[すべてのアプリ]から選びます。

  2. [ファイル]メニューから[読み込み]>[Internet Services 宛先表CSV ファイル]を選びます。

    image

  3. 保存したCSVファイルを選び、[開く]をクリックします。

    image

  4. [はい]をクリックします。

    image

  5. 必要に応じて宛先を編集します。

    image

  6. ファイルメニューから[名前を付けて保存]を選びます。

    image

  7. 保存先とファイル名を指定し、[保存]をクリックします。

    image

[PC]宛先表を参照してダイレクトファクスを送信する

  1. アプリケーションソフトウェアでファクス送信したい文書を開き、[ファイル]メニューから[印刷]を選びます。

    補足
    • アプリケーションソフトウェアによっては、メニューの呼びかたが異なることがあります。

  2. [プリンターの選択]からインストールしたファクス送信用の標準ドライバーを選び、[印刷]をクリックします。

    image

  3. [宛先表から追加]をクリックします。

    image

    補足
    • [前回参照先を使用]をチェックすると、前回時に選んだ宛先表が参照されます。この場合、次手順の[宛先表の選択]画面は表示されません。

  4. [宛先表ファイルを参照する]を選び、[参照]をクリックします。

    image

  5. 保存した宛先表を選び、[開く]をクリックします。

    image

  6. [宛先表のデータの一覧]から宛先を選び、[宛先へ追加]をクリックします。

    image

  7. [宛先の一覧]に選んだ宛先が表示されていることを確認し、[OK]をクリックします。

    image

  8. [宛先の一覧]を確認し、[送信開始]をクリックします。

    image

[PC]CWISで送信結果を確認する

  1. Webブラウザーのアドレス入力欄に、本機のIPアドレス、またはインターネットアドレスを入力し、<Enter>キーを押します。

    補足
    • 通信を暗号化している場合、CentreWare Internet Services (CWIS)にアクセスするには、Webブラウザーのアドレス欄に「http」ではなく「https」から始まるアドレスを入力してください。

    • 本機の設定で、認証設定されている場合は、<Enter>キーを押したあとに機械管理者ID/パスワードの入力が必要となります。

    • IDとパスワードの初期値は、機械管理者にお問い合わせください。

  2. [ジョブ]タブをクリックします。

    image

  3. [履歴一覧]をクリックします。

    image

  4. [ジョブ履歴]をクリックし、送信した文書の結果を確認します。

    ジョブは新しいものから順に表示されます。

    image

本ページをスマートフォンなどで表示する場合はQRコードをご利用ください。

QR code

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答