コピー よくあるご質問

質問

コピーをするときにできる、原稿のまわりの黒い影を消す方法を教えてください。

対象環境

複合機共通

回答

DocuCentre 719/659/559シリーズの例で「わく消し」方法について操作手順を紹介します。機種により操作方法が異なる場合がありますので、詳細はユーザーズガイド(取扱説明書)をご覧ください。

1)原稿カバーを開けたままコピーしたときや、冊子原稿をコピーしたときに、中央とじ部分/上下左右のわくに、黒い影ができることがあります。
その影部分を消してコピーできます。(わく消し)
また、用紙の全面にコピーすることもできます。(全面コピー)

・ 原稿の黒い影を消してコピーする ( わく消し)
原稿の上下左右のわく/ 中央とじ部分にある影に合わせて、消し量を指定します。指定した部分は、コピーされず (消されて)排出されます。
・ 用紙の全面にコピーする ( 全面コピー)
消し量は0mm で、用紙の全面にコピーされます。

枠消し/全面コピー

・ 工場出荷時、わく消しは、 [標準] (上下・左右2mm、中0mm)に設定されています。初期値を変更する場合は、機械管理者画面で行ないます。
・ わく消し / 全面コピーで消し量を0 にしても、用紙の先端の約2mm はコピーできません。
・ 倍率選択を設定している場合は、わく消し量も縮小 / 拡大されます。
・ ページ連写を指定している場合は、ページを分割する前の原稿イメージに対して「わく消し」が実行されます。
・ まとめて1 枚(N アップ)と中消しを同時に設定している場合は、ページを合成する前の原稿イメージに対して「わく消し」が実行されます。

2)[コピー機能一覧] を選択し、 [わく消し / 全面コピー] を選択します。

画面は、パンチ付フィニッシャーを装着している場合です。

[コピー機能一覧]を選択し、 [わく消し / 全面コピー] を選択した画像

3)全面コピーを設定する場合は[全面コピー] を、わく消し / 中消しを設定する場合は [消し量調整] を選択します。

[全面コピー]  [消し量調整] を選択する画像

4)[消し量調整] を選択した場合は、 [▲] [▼] を使って上下消し(2 ~ 50mm)、左右消し(2 ~ 50mm)、中消し(0 ~ 50mm)をそれぞれ設定します。
ここでは、例として上下消しを[10mm]、左右消しを[10mm] に設定します。

・ 工場出荷時は[標準] (上下・左右2mm、中0mm)に設定されています。
・ 設定を中止するときは [取り消し] を選択します。

[消し量調整] を選択した場合は、 [▲] [▼] を使って設定する画像

5)原稿を[文字が読める向き]または[文字が横向き]にセットします。

原稿を [文字が読める向き] または [文字が横向き] にセットした画像

6)原稿をセットした向きに合わせて、[原稿セット向き指定] を設定して、 [閉じる] を選択します。
文字を読める向きにセットした場合は、 [文字が読める向き] を、文字を横向きにセットした場合は、 [文字が横向き] を設定します。

[原稿セット向き指定] を設定して、 [閉じる] を選択した画像

7)設定内容を確認して、[ 閉じる]を選択します。

8)必要に応じて、その他の機能を設定します。
・機能によっては選択できない場合があります。

9)コピー部数を数字ボタンで入力し、 <スタート>ボタンを押します。
手順3、4 で設定した消し量で、コピーされます。

・原稿カバーを開けたままコピーをとるとき、ランプ光を見つめないでください。目の疲れや痛みの原因となるおそれがあります。