プリンター よくあるご質問

質問

FTPサーバーの設定方法を教えてください。

対象環境

複合機共通

回答

FTPサーバー設定方法について DocuCentre 719/659/559 の例で解説します。

FTPサーバーとして、Microsoft®のInternet Information Services(IIS)を使用する場合、弊社の「DocuCentre FTP設定ユーティリティー」を使うと、IISの設定が簡単になります。本ユティリティーソフトウエアは弊社のダウンロードサービスから無償でダウンロードできます。(http://www.fujixerox.co.jp/download/docucentre/dc559.html

1)FTP設定ユーティリティによるFTPサーバーの設定手順を説明します。

[1] サーバーのOS環境にどのService Pack がインストールされているかを調べます。

・[スタート]ボタンの[プログラム]から[管理ツール( 共通)]の[Windows NT® 診断プログラム]を選択し、表示されるダイアログボックスの[バージョン]タブページを開くと確認できます。

<必要なサービス>
次のどれかのFTP サービスが稼動している必要があります。
Windows NT® Server の場合:
・Microsoft® Internet Information Server 3.0、または4.0 FTP サービス
Windows NT® Workstation の場合:
・Microsoft® Peer Web Services 3.0 FTP サービス
・Microsoft® Personal Web Server FTP サービス
Windows® 2000 の場合:
・Microsoft® Internet Information Services 5.0 FTP サービス
Windows® XP の場合:
・Microsoft® Internet Information Services 5.1 FTP サービス
Windows® XPの場合、クロック速度300MHz以上のプロセッサーを搭載したPC(Intel Pentium/Celeron 系列、AMD K6/Athlon/Duron ファミリー、またはこれらと互換のプロセッサー)で動作します。
Windows® XP の場合、PC-9800 シリーズは除きます。

2)ドライブのファイルシステム確認方法を説明します。

「DocuCentre FTP 設定ユーティリティ」を使用するサーバーコンピューターのドライブのファイルシステムがNTFS であることを、次の手順で確認してください。

[1] サーバーコンピューターのドライブをエクスプローラ上で選択して、マウスの右ボタンをクリックして表示されるメニューから、[プロパティ]を選択します。

[2] [全般]タブページを開き、[ファイルシステム]がNTFS になっていることを確認します。

3)FTP サービスのインストール方法を説明します。

システム管理者がサーバーコンピューター上で行なう準備作業として、FTP サービスをインストールします。すでにインストールされている場合は必要ありません。以下にWindows® 2000 に、IIS(Microsoft® Internet Information Services)をインストールする手順を説明します。

[1] [スタート]ボタンの[プログラム]から、[管理ツール]を選択し、[サーバーの構成]をクリックします。

[2] [Web/ メディアサーバー]をクリックします。

[Web/ メディアサーバー]をクリックした画像

[3] [Web サーバー]をクリックします。

[Web サーバー]をクリックした画像

[4] [次へ]をクリックします。

[次へ]をクリックした画像

[5] [インターネットインフォメーションサービス]のチェックボックスをチェックして、[次へ]をクリックします。

[インターネットインフォメーションサービス]のチェックボックスをチェックした画像

[6] [FTP(File Transfer Protocol)サーバー]がチェックされていることを確認して、[OK]をクリックします。

[FTPサーバー]がチェックされていることを確認して、[OK]をクリックした画像

[7] Windows® コンポーネントウィザードが表示され、処理が終了したら、[次へ]をクリックします。

・Windows® 2000 のCD-ROM をセットするように要求された場合は、CD-ROM をセットして、[OK]をクリックします。

[8] [完了]をクリックします。

[完了]をクリックした画像

4)「DocuCentre FTP設定ユーティリティ」の使用方法を説明します。

・「DocuCentre FTP設定ユーティリティ」を使用して、スキャンデータを保管するフォルダーを作成します。

[1] 「XSSGuide.exe」を、ダブルクリックします。

・[Fuji Xerox DocuCentre FTP 設定ユーティリティ]画面が表示されます。

[2] [セットアップ項目]のすべての項目をチェックして、[次へ]をクリックします。

[セットアップ項目]のすべての項目をチェックして、[次へ]をクリックした画像

・FTP アカウントを設定する画面が表示されます。

[3] 本機に設定するFTPアカウントを作成します。
ログイン名を、たとえば、「FTPUser」とします。
・[パスワード]と[パスワード確認]には、同じ文字列を入力してください。

ここで設定した[ログイン名]と[パスワード]は、CentreWare Internet Services 画面>親展ボックス> FTP 転送で必要になります。特にパスワードは忘れないようにしてください。

・[次へ]をクリックします。

本機に設定するFTP アカウントを作成した画像

・ディレクトリーを指定する画面が表示されます。

[4] ファイルの保管場所を設定するディレクトリーを指定します。

・[ドライブ名]では、ファイルを保管するドライブを選択します。
[ディレクトリ名]では、指定したドライブ内の保管先を、絶対パスで指定します。ディレクトリーを変更する場合は、ディレクトリー名を入力するか、または[参照]をクリックして、既存のディレクトリーを選択します。[共有名]では、指定したフォルダーを共有化するときの共有名を指定します。共有名を変更する場合は、適当な共有名を入力します。半角英数で、最大8 文字入力できます。[サブディレクトリを指定する]をチェックすると、共有ディレクトリーの下にサブディレクトリーが作成され、そのディレクトリーを使用します。

[5] [次へ]をクリックします。

ファイルの保管場所を設定するディレクトリーを指定した画像

・サブディレクトリー名を指定する画面が表示されます。ここでは、サブディレクトリーを指定します。共有ディレクトリー名やサブディレクトリー名はCentreWare Internet Services 画面>親展ボックス> FTP 転送で使用するため、忘れないようにしてください。

[6] [サブディレクトリ名]を入力して、[次へ]をクリックします。

・指定したドライブのシステムがFAT の場合は、確認のメッセージが表示されます。アクセス権に制限が必要な場合は、NTFS のファイルシステムでフォーマットされているドライブを、指定してください。

[サブディレクトリ名]を入力して、[次へ]をクリックした画像

[7] 指定された共有ディレクトリーがない場合、以下の画面が表示されるので、[はい]をクリックします。

・設定履歴をファイルに保存するかどうかを選択する画面が表示されます。

指定された共有ディレクトリーがない場合の画像

[8] 設定履歴をファイルに保存するかどうかを選択します。

・[設定履歴をファイルに保存する]をチェックすると、「SetUpLog.txt」というファイル名で保存場所に保存されます。

・設定履歴を表示する場合は、[履歴の表示]をクリックします。

・[完了]をクリックします。
  ログファイルが作成され、メッセージボックスが表示されます。

・「SetUpLog.txt」には、DocuCentre FTP 設定ユーティリティを使用したときの情報が記述されています。必要に応じて「SetUpLog.txt」を印刷し、参照してください。

設定履歴をファイルに保存するかどうかを選択した画像

[9] [OK]をクリックします。

・DocuCentre FTP 設定ユーティリティが終了します。

[OK]をクリックした画像

[10] インターネットサービスマネージャーを起動して、稼動しているFTPサービスを停止したあと、再起動してください。

・Microsoft® Internet Information Server(IIS) 4.0 の場合は、[スタート]ボタン―[プログラム]―[Windows NT® 4.0 Option Pack]―[Microsoft® Internet Information Server]―[インターネット サービス マネージャ]を起動します。

・Microsoft® Internet Information Services(IIS) 5.0 の場合は、[スタート]ボタン―[設定]―[コントロールパネル]―[管理ツール]―[インターネット サービス マネージャ]を起動します。

5)フォルダーのアクセス権設定方法を説明します。

・スキャンデータを保管するフォルダーに、アクセス権を設定します。
ここでは、作成されたサブディレクトリー「dcscan」にアクセス権を設定する手順を説明します。

[1] エクスプローラで「dcscan」フォルダーを選択し、マウスの右ボタンをクリックして表示されるメニューから[プロパティ]を選択します。

スキャンデータを保管するフォルダーに、アクセス権を設定した画像

[2] [共有]タブをクリックします。

[3] [このフォルダを共有する]をチェックします。

・コメントやユーザー制限は、必要に応じて設定します。

[このフォルダを共有する]をチェックした画像

[4] 共有に設定したフォルダーにアクセス権を設定するために、[アクセス許可]をクリックします。

[5] 名前の「Everyone」が選択されていることを確認し、[削除]をクリックします。次に[追加]をクリックします。

・「Everyone」に対しアクセス権を制限しない場合は、この操作は不要です。

[アクセス許可]の画像

[6] 表示される画面から「FTPUser」を選択して、[追加]をクリックします。

表示される画面から「FTPUser」を選択して、[追加]をクリックした画像

[7] [OK]をクリックします。

[OK]をクリックした画像

[8] 「アクセス許可]で設定したいアクセス権のチェックボックスをチェックし、[OK]をクリックします。

「アクセス許可]で設定したいアクセス権のチェックボックスをチェックした画像

[9] [OK]をクリックします。