プリンター よくあるご質問

質問

XPSファイルのプリント方法を教えてください。

対象環境

複合機共通

回答

1)XPSファイルとは?

Windows Vista® に搭載される新しい電子情報フォーマットをXPS(XML Paper Specification)といいます。

2)XPSファイルの閲覧とプリント方法:

XPSファイル(ファイル名に拡張子がxps)を閲覧するには、Microsoft® 社のXPS フォーマット対応ビューアをお使いください。
詳細は以下のサイトを参照ください。
http://www.microsoft.com/japan/whdc/xps/viewxps.mspx

XPS フォーマット対応ビューア(XPS Paper Scpecification Viewer)でXPSファイルを開き、「File」の「Print」を選択してプリントをします。

3)「XPS対応キット」で何ができますか?

■ XPS フォーマットでのスキャン:
紙文書を電子化する際に、PC の操作を行なわずに、複合機の操作パネルからスキャン文書をXPS フォーマットに変換して、E-mail 送信やクライアントPCへ保存できます。
・スキャナー(メール送信)、スキャナー(PC 保存)の出力ファイル形式にXPS、高圧縮XPS(*1) を追加。
・ボックス保存文書のCentreWare Internet Services からの取り出しフォーマットにXPS を追加。
・ジョブフロー(*2) (ファイル転送、メール送信)の出力ファイル形式にXPS、高圧縮XPS(*1 )を追加。

*1: 高圧縮XPS の生成には、オプションのイメージ圧縮キット、増設電源キットが必要です。
*2: ApeosPort のみが対応しています。

■ XPS プリント:
XPS ファイルを直接指定して出力するダイレクトプリントが可能です。
・ ContentsBridge V 6.0.X を利用したダイレクトプリント。
2007 マイクロソフトオフィス をご利用の場合は、Word®、Excel®、PowerPoint® の文書もドラッグ&ドロップするだけで、すばやく簡単にプリントできます。さらに、Word®、Excel®、PowerPoint® から直接ContentsBridge を起動するアドインアイコンからもプリントが可能です。
・ CentreWare Internet Services からのダイレクトプリント。
・ XPS 対応ドライバーからのプリント。(Windows Vista® で用意された新しい出力方式に対応。)

■ WSD (Web Service on Device)プリント:
Windows Vista® の機能として標準搭載されるネットワークプラグ&プレイ機能を利用したプリントサーバー機能を利用できます。

■ メディアプリント*3 のフォーマット追加:
メディアプリント(文書プリント)の対応フォーマットにXPS を追加しました。

*3 オプションのメディアプリントキットが必要です。