プリンター よくあるご質問

質問

プリント印刷のドライバー操作手順(「プリンタ構成」タブ)を教えてください。

対象環境

複合機共通

回答

「プリンタ構成」タブでの設定方法を、Windows Vista®を使用し、ApeosPort-II C4300の場合で説明します。

1)[プリンタ構成]タブ:

このタブでは、機器に装着されているオプション構成を、プリンタードライバーに認識させるための設定ができます。

操作手順

1. 「プリンタ」フォルダー内のプリンターアイコンを右クリックします。
2. 表示されるメニューから[プロパティ]を選択します。
3. [プリンタ構成]タブをクリックします。

プリンタ構成タブ

4. 各項目を設定します。

・ 自動的に機器の情報を取得する場合は、[プリンタ本体から情報を取得]ボタンをクリックします。
・ 手動で設定する場合は、実際の構成に合わせて、[設定項目]リストボックスの項目を選択します。

機器の外観に影響するオプションを設定した場合は、左上の[プリンタ構成イメージ]で確認できます。

設定項目:

機器に装着されているオプション構成を、プリンタードライバーに認識させるための設定をします。印刷を正しく行うために、正しい内容で設定してください。
[プリンタ本体から情報を取得]ボタンをクリックすると、接続されている印刷ポートを介して、機器に装着されているオプションの状態や、各用紙トレイの用紙情報を自動的に取得して設定できます。ただし、USB接続およびパラレル接続の場合は、この機能は使用できません。該当項目を手動で設定してください。
手動で設定する場合は、実際の構成に合わせて[設定の変更]で設定します。機器の外観に影響するオプションを選択した場合は、左上の[プリンタ構成イメージ]で外観を確認できます。

[メモリー容量]:

機器に装着されているメモリーに合わせて、[256MB]、[512MB]、[768MB]、[1024MB]から選択します。

2)用紙トレイの情報:

装着されている用紙トレイのうち、[トレイ5(手差し)]以外のトレイが表示されます。
[プリンタ本体から情報を取得]ボタンを使って、機器の情報を取得すると、各トレイの用紙サイズ、用紙の給紙方向、用紙の種類が表示されます。

3)[プリンタ本体から情報を取得]ボタン:

ネットワークを介して、機器に装着されているオプションの状態や、各用紙トレイの用紙情報を取得します。


補足

・ この機能は、お使いの機器がTCP/IPまたはIPXで接続され、SNMPエージェントが起動している場合に有効です。
・ USB接続およびパラレル接続の場合は、この機能は使用できません。該当項目を手動で設定してください。

ネットワークアドレス

[プリンタ本体から情報を取得]ボタンをクリックして取得した、プリンター本体のアドレスを表示します。
TCP/IPの場合は、IPアドレスを表示します。
IPXの場合は、ネットワークアドレスとノードアドレスを表示します。