プリンター よくあるご質問

質問

グラフィックスタブの設定方法(カラー複合機)

対象環境

複合機共通

回答

色合いや明るさ、美しさは、グラフィックスタブで調整します。あまり気にしたことのない画面かもしれませんが、濃さなどもここで指定することができます。

アペオスポートとドキュセンター用取扱説明書「プリントの星」の内容を記載しています。

Windows Vista® を使い、ApeosPort-II C4300 の例で説明します。

プリントに関する基本的な設定方法と操作方法を説明しています。お使いの機種によっては、オプションが必要な場合があります。

1)【自動モードのあいまい判定】

カラーモードを自動判別させると、写真にほんの少しだけでも色味があれば、律儀にフルカラーで印刷してしまいます。
ここをオンにしておけば「見た目がほとんどモノクロだったら白黒で印刷しておいてね、その辺は適当にお願いしますんで」という感じになります。

グラフィックスタブで色や画質の調整をします。

2)【印刷モード】

解像度と階調の組み合わせを用意しました。
解像度は次のとおりです。選ぶときの参考にどうぞ。

・標準 文字600dpi、写真300dpi
・高画質 600dpi
・高精細 1,200dpi

3)【おすすめ画質タイプ】

タイプ別に、それらしく印刷します。

・写真 グラデーションをより美しく
・プレゼンテーション 資料用に、より鮮やかに
・Webページ ディスプレイ表示をそのままで
・CAD 図面のような細い線の多い原稿用
・POP 鮮やかな色を使った原稿用

4)【写真画質の自動補正】

積極的に写真を補正して、印刷します。たとえば、青みがかってしまった室内の写真を自然で好ましい色あいに直してくれます。
「おすすめ画質タイプ」は、その原稿の特長を際立たせようとする機能なので、画質そのものを変更してしまう補正機能とは、ちょっと違います。この2つの組み合わせもできます。

5)【画質調整】

色彩を調整したいなら。

グラフィックスプロパティの画質調整タブ

6)【カラーバランス】

濃さを調整したいなら。

グラフィックスプロパティのカラーバランスタブ