スキャン よくあるご質問

質問

EasyOperator(イージーオペレーター) について教えてください。

対象環境

複合機共通

回答

1)EasyOperatorの特長:

スキャン文書や、親展ファクス文書をお使いのコンピューターに取り込むためには、実際に機械の操作パネルの前まで行って、登録作業を行わなければなりませんでした。

EasyOperatorは、機械本体の前まで行かなくても、お使いのコンピューターから親展ボックスを登録できます。

イージーオペレーターの画面

DocuWorksとの連携:

お使いのコンピューターにDocuWorksがインストールされている場合、EasyOperatorからDocuWorks Deskのユーザフォルダに直接アクセスできます。

2)ファクスの送信:

EasyOperatorの「ファクスサービス」を利用すると、ファクスデータを即時に送信したり、ファクスデータを蓄積して、後で一括して送信したりできます。

3)スキャン文書の取り込み:

EasyOperator では、スキャン文書の取り込み手法の違う 2 種類の親展ボックスサービスの設定方法が提供されています。(2 種類同時に設定することはできません)

親展ボックスとは、機器側に設定されたデータの格納場所で、機器でスキャンした文書やファクスで送られた文書を保存できます。パスワードを設定して個人で利用したり、グループで利用したりすることもできます。

(A) 自動転送(ローカルコンピューターに転送する)
スキャン時に EasyOperator で設定した親展ボックスに格納すると、そのスキャンデータがローカルコンピューターへ転送されます。

(B) 手動取り込み
機器で操作をするときに、EasyOperator で設定した親展ボックスを選択してスキャンをします。
その後 EasyOperatorの親展ボックスサービスにアクセスして、手動操作でスキャンデータをローカルコンピューターに取り込むことができます。

親展ボックスサービスを追加する(自動転送)方法

4)EasyOperatorの入手方法:

商品(複合機)に同梱の「ドライバーCDキット」を開き「快適支援ツール」タブの「EasyOperatorのインストール」を起動(ダブルクリック)する。「EasyOperatorのセットアップ」に従ってインストールします。

5)電話によるサポート問合せ先、最新情報の入手先:

LabelCard