コピー よくあるご質問

質問

節電機能(自動オフモード(スリープモード)と低電力モード)の
節電モード移行時間の設定方法について教えてください。

対象環境

複合機共通

回答

1)節電機能について:

電源が入っていても一定時間使用しないと機械の消費電力を下げる「節電機能」が搭載されています。節電機能には以下の2 つのモードがあります。

・低電力モード
ヒーター部の温度を下げ、かつモーターが停止している状態

・自動オフモード(スリープモード)
主電源が切れ、最も電力を節約できる状態

低電力モードまたは自動オフモード(スリープモード)のときは、タッチパネルディスプレイが消灯し、<節電(入/ 切)>ボタンが点灯します。

<設定方法>
設定方法は、コピー機能だけの機種の場合とプリンター機能が付いた機種の場合とで異なります。コピー機能だけの機種の場合は、本機の機械管理者画面で自動オフモードを「スリープモード」と表示しています。機械が低電力モードまたは自動オフモード(スリープモード)に入っているときは、タッチパネルディスプレイが消灯し、<節電(入/切)>ボタンが点灯しています。

2)節電モード移行時間の設定方法:
(節電の設定/解除方法)

ApeosPort C4535 I の例で説明します。商品により操作方法や表示が異なる場合があります。

●節電モードに移行する時間を変更する操作方法

・認証(仕様設定/登録)ボタンを押す。
・機械管理者ID入力し、【仕様設定/登録】【仕様設定】【共通設定】【システム時間/タイマー設定】【節電モード移行時間】を選ぶ。
・節電モードの移行時間を、1分刻みに設定します。

仕様設定の画面

DocuCentre 719/659/559の設定画面の例

[機械管理者画面]を選択したところ

3)節電モード移行時間の設定時の注意事項:

ApeosPort C4535 I の例で説明します。商品により操作方法や表示が異なる場合があります。

・[最終操作から低電力モードまで]の初期値は、[15]分です。低電力モードは[禁止]に設定できません。

・[最終操作からスリープモードまで]の初期値は、[60]分です。[最終操作からスリープモードまで]の時間は、[最終操作から低電力モードまで]の時間以上になるように設定してください。

*初期値および設定できる最大「分」は、商品により異なる場合があります。

4)各モード時の消費電力:

各商品の仕様項目の「最大消費電力」をご覧ください。

・スリープモード時
・低電力モード時
・待機時