プリンター よくあるご質問

質問

用語の意味を教えてください。

対象環境

複合機共通

回答

用語一覧表をご覧ください。

1)プリンターに関する用語集

2)複合機全般に関する用語集:
(アルファベットABC、あいうえお順)



A3

420×297mmの用紙のことです。


A4
297×210mmの用紙のことです。


A5

210×148mmの用紙のことです。


ART

Advanced Rendering Toolの略で、弊社がページプリンター用
に開発したプリンター制御言語です。


ART EX

弊社製のページ記述言語です。


B4

364×257mmの用紙のことです。


B5

257×182mmの用紙のことです。


DPI

Dot Per Inchの略で、1インチ幅に印字できるドット数を表す単位です。解像度を示す単位として使います。


ECM

「Error Correction Mode(誤り再送方式)」の略です。G3通信の一種で、ECMモードをもつファクス間の通信です。ECMモードで通信すると、データが相手に正しく送られたかどうかをチェックし、誤りがないことを確認しながら通信します。エラーなどでデータが正しく送られていない場合は、そのデータを再送信する方式です。
[通信管理レポート]などの受信の相手先に「ECM」と表示された場合は、相手機がこの方式で送信してきたことを示します。


Fコード通信

ITU-Tで標準化されたT.30*のサブアドレスの使い方について、情報通信ネットワーク産業協会が定めた通信手順のことです。Fコード機能を持つ機種間の通信では、他社機の場合もFコードを使用したさまざまな機能を利用できます。(*通信の規格のことです)
本機のインターネットファクス機能では、Fコードを使って親展送信されたファクス文書の、メール転送ができます。


FCOT/FPOT(エフコット/エフポット)

First Copy Output Time/First Print Output Time(ファースト コピー アウトプット タイム/ファースト プリント アウトプット タイム)の略で、コピー開始ボタンまたは、プリント印刷開始ボタンを押してから、最初の一枚目のコピーまたは、プリントが排出されるまでの所要時間です。


Image Enhancement(イメージエンハンスメント)

白黒の境目を滑らかにしてギザギザを減らし、疑似的に解像度を高める機能です。


MIME方式

「Multipurpose Internet Mail Extension」の略です。メールで受信したデータが、どのようなデータであるかがわかるようにするための取り決めのことです。MIME タイプとは、データの種類を示すものです。


NVメモリー

電源を切ってもプリンターの設定内容を保持しておくことができる、不揮発性のメモリーです。


OHPコピー

OHPフィルムにコピーしたり、コピーしたOHPフィルムの間に、白紙やコピーを差し込んで排出させる機能です。


PJL

「Printer Job Language」の略です。Hewlett Packard社が開発したプリンターを制御する印刷用コマンド言語です。


POP3方式

「Post Office Protocol Version3」の略です。
一般的に使われている通信プロトコル(通信の約束ごと)のひとつで、メールの受信プロトコルです。プロバイダのメールサーバーに私書箱のようなメールボックスを設け、接続時にメッセージを受信します。POP3方式は受信専用です。メール送信ではSMTPを使います。


RAM

Random Access Memoryの略で、情報の読み出しと書き込みができる記憶装置(メモリー)です。


ROM

Read Only Memoryの略で、情報の読み出し専用の記憶装置(メモリー)です。


ROS

Raster Output Scanner の略で、画像信号をドラム(感光体)に書き込む装置。一般には、レーザー ビーム スキャナー等の名称で呼ばれることもあります。


SMTP方式

「Simple Mail Transfer Protocol」の略です。メールの送受信で一般的に使われている通信プロトコルです。


合紙

コピーを排出するするときに差し込む白紙、色紙、コピーのことです。


宛先

本機では送信の相手方のこと。「宛先を指定する」という場合は、相手のメールアドレスのことをさします。


印字領域

用紙に対して実際に印字可能な領域です。


インターネット網

さまざまな通信網を結びつけた、広範囲に広がる通信網のこと
です。


エイリアス

本体メールアドレスの別名です。たとえば、本体メールアドレスがfax@mb1.abc.fujixerox.co.jpの場合に、fax@fujixerox.co.jpのような別名(エイリアス)を設定できます。


エミュレーション

他社のプリンターでプリントした場合と同等の印字結果を得ることができるように、プリンターを動作させることです。このモードをエミュレーションモードと呼びます。


エラーコード

何らかのトラブルが発生した場合、操作パネルやレポートなどに表示されるコードです。

オートクリア

一定の時間機械に触れないとき、タッチパネルディスプレイの表示を自動的に初期画面に戻す機能です。


オフセット排出

コピーを排出するときに、その区切りがわかるように排出位置を交互にずらす機能です。


オプション

別売品のことです。その機種の基本構成のほかに、追加できる機能を別売品として提供しています。(別売品の詳細については、弊社担当までご確認ください。)


解像度

画像の細かさを表します。通常1インチあたりのドット数(単位はdpi)で表し、この数値が大きいほど解像度が高い(細部まで表現できる)といいます。


階調

色と色のなめらかさをいいます。グラデーションのステップ数で階調数を表し、その数値が大きいほどなめらかになります。


カット紙

A4、B5などの定形サイズの用紙のことです。


画面

タッチパネルディスプレイに表示される画面のこと。メッセージや操作項目が表示されます。


原稿イメージ

機械が読み取った原稿のイメージのことです。


自動トレイ切り替え

コピー中に用紙がなくなったとき、同一サイズ、同一方向の用紙がセットされているほかの用紙トレイから自動的に用紙を送るようにする機能です。


自動画像回転

原稿と同じ向きの用紙がセットされていないとき、原稿イメージを90゚回転させてコピーする機能です。


自動用紙選択

セットした原稿と選択した倍率に合わせて、適した用紙を機械が自動的に選択する機能です。


受信バッファ

コンピューターからの受信データを一時的に蓄積するための領域です。


準備完了音

電源を入れたときなど、機械が待機状態から使用可能になったときに発する音です。


初期画面

電源を入れた直後や、〈リセット〉ボタンを押したとき、およびオートクリア機能が働いたときに表示される、タッチパネルディスプレイの画面です。


初期値

工場出荷時の値、または機械管理者モードで設定した値です。


状態表示コード

機械の状態を表すコード。本機では、機械にトラブルが発生し
たときにタッチパネルディスプレイに表示されます。


ジョブメモリー

一連の操作を登録しておくと、同じ操作でコピーするときに〈ジョブメモリー〉ボタンを1つ押すだけで、その操作が実行できる機能です。


スタート予約

電源を入れた直後などに、原稿をセットして機能を設定し、〈スタート〉ボタンを押しておくこと。機械が使用可能な状態になりしだい、コピーが自動的に開始されます。


節電機能

一定の時間使用しないときに機械を待機状態にさせる機能です。
本機では、次の節電機能を設定できます。
低電力モード:一定の時間、機械を使用しないとき、定着部ヒーターおよびモーターが自動的に待機状態になる機能。このときタッチパネルディスプレイは消灯し、〈節電中/解除〉ボタンだけが点灯している状態になります。
スリープモード:機械のほとんどが待機状態になり、消費電力は最も少ない状態になります。


選択する

本書では、タッチパネルディスプレイ内の機能ボタンを指で触れて、項目を反転表示させることをいいます。


センター移動

原稿の中央を用紙の中央に自動的に移動させて、コピーする機能です。


ソート

コピーを1部ごとにページ順に並べて排出する機能です。


たてよこ独立変倍

原稿イメージを縦長や横長に変形してコピーする機能です。


蓄積

本書では、原稿の画像を読み取って、その画像データを本機に保存することです。


トナー残量警告音

ドラム/トナーカートリッジの交換が必要になったときに、機械が発する音です。


中とじしろ

小冊子作成の場合に、真ん中のとじ部分にとじしろをつける機能です。


発信元

通信の送り元。「宛先」に対応する用語として使用されます。


プリントページバッファ

実際のプリントイメージを描画する領域です。


ページ連写

見開き原稿の左右のページを、片面ずつ別々の用紙にコピーする機能です。


まとめて1枚

2枚または4枚の原稿を、左右上下に並べて1枚の用紙にコピーする機能です。


読み取り

原稿を光学的に読み取って、画像データに変換して取り込むことです。本機には、読み取り装置として、原稿ガラスと原稿送り装置が用意されています。


わく消し

上下や左右、中央の原稿イメージを消してコピーする機能です。