FAX よくあるご質問

質問

この機種で電話をかけることはできますか。

対象環境

複合機共通

回答

本機を使用して電話をかける場合について解説します。

DocuCentre Color 160の例で説明します。
本機から電話をかけるには、オプションの受話器(ハンドセット)や、お手持ちの電話機を利用することが出来ます。電話をかける方法について、以下に説明します。

※お手持ちの電話機を使用する場合は、留守番電話の機能は使用できません。
※すべてのG3回線がファクスの送受信で使用中の時は、ISDN回線で電話はかけられません。

1)受話器を上げてダイヤルする(オフフックダイヤル)方法。

受話器を上げます。

注意
節電中は、受話器を使って電話をかけられません。電話をかけるときは、<節電中/解除>ボタンを押して節電を解除してください。

2)[手動送信]を押します。

本機の操作パネルより[手動送信]を押します。

手動送信機能については、カストマーエンジニアが設定します。弊社のカストマーコンタクトセンターまたは販売店にお問い合わせください。

3)相手先を指定します。

[英/数]または[記号]を押します。
キーボード画面が表示されますので、<数字>ボタン、短縮あて先番号、ワンタッチボタンなどで、相手先を指定します。

※宛先表は使用できません。

4)相手に電話がかかったら、通話します。
通話が終わったら、受話器を戻し、操作パネルの[閉じる (操作終了)]を押します。

5)受話器を置いたままダイヤルする(オンフックダイヤル)方法

オンフックでダイヤルする場合は、ラインモニター音量を「大」にすることをお勧めします。

6)[ファクス]画面を表示し、[オンフック/その他]画面の[オンフック (手動送信/受信)]を押します。
[オンフック]画面が表示されたら、[手動送信]を押します。

7)[英/数]または[記号]を押します。
キーボード画面が表示されますので、<数字>ボタン、短縮あて先番号、ワンタッチボタンなどで、相手先を指定します。

※宛先表は使用できません。

8)電話が相手にかかったら、受話器を上げて話をします。
終了後受話器を戻します。

※受話器は正しく戻してください。正しく戻っていないと、「話し中」の状態が続きます。

9)電話の受け方
オプションの受話器(ハンドセット)を使って電話を受ける方法について説明します。

※工場出荷時は、着信後すぐにファクスに切り替わるように設定されているため電話の着信ベルが鳴りません。呼び出し音を鳴らす時間(ファクス切り替え時間)は、機械管理者モードで変更できます。工場出荷時は、「0秒」に設定されています。

呼び出し音が鳴ったら、受話器を上げ、話しをします。

通話終了後、受話器を戻します。

※受話器は正しく戻してください。正しく戻っていないと、「話し中」の状態が続きます。