インターネット/ イントラネットに接続できない

コンテンツID(2132)

概要

インターネット/ イントラネット接続時にトラブルが発生した場合の、考えられる原因と処置は次のとおりです。



症状 処置
外部サーバーで使用している認証機能が、本機では対応していない。 本機で対応している認証機能は、Basic 認証だけです。NTLM/digest には対応していません。セキュリティー上の問題を考慮する場合には、SSL を使った認証に変更してください。
使用している外部連携サービスと、本機のモデルやオプションが合っていない。 外部連携サービスを使用する場合は、該当する製品/ モデル/ オプションを購入してください。
IP アドレスが正しく設定されていない。 IP アドレスの設定を確認してください。IP アドレスが正しく設定されていない場合は、IP アドレスを固定で指定するか、DHCP またはAutoIP などを使用して、IP アドレスを解決してください。
IP ゲートウェイアドレスが正しく設定されていない。 プロキシサーバーに接続する場合、またはWeb サーバーに接続するためにIP ゲートウェイを経由する場合は、IP ゲートウェイアドレスを正しく入力してください。
サブネットマスクが正しく設定されていない。 サブネットマスクは、使用している環境に合わせて正しく設定してください。
DNS サーバーのアドレスが正しく設定されていない。 DNS サーバーのアドレスを確認してください。
設定されているDNS サーバーがアドレスを解決できない。 アドレスを解決できるDNS サーバーを設定してください。?? プロキシサーバーを経由する場合プロキシサーバーのアドレスを解決できるDNS サーバーのアドレスを設定してください。?? プロキシサーバーを経由しない場合宛先アドレスを解決できるDNS サーバーのアドレスを設定してください。
プロキシを経由しないアドレスの設定が間違っている。 プロキシを経由しないアドレスだけが指定されているかどうかを確認してください。なお、FQDN 形式でプロキシを経由しないアドレスを指定していても、IP アドレスを直接指定してサーバーにアクセスしている場合には、登録したサーバーが除外対象にはなりません。プロキシを経由しないアドレスをIP アドレスでも指定してください。同様に、IP アドレスを直接指定してプロキシを経由しないアドレスを指定していても、FQDN 形式でサーバーにアクセスする場合には、登録したサーバーが除外対象になりません。プロキシを経由しないアドレスをFDQN 形式でも指定してください。
接続するサーバー、またはプロキシサーバーがダウンしている。 接続するサーバー、またはプロキシサーバーが正常に稼動しているかどうかを確認してください。
ネットワークケーブルが抜けている、または断線している。 ネットワークケーブルの接続を確認してください。ネットワークの切断に強い環境を構築するためには、スパニングツリー環境を使用することをお勧めします。
サーバーアプリケーションに負荷がかかっているため、通信できない。 しばらく待ってから、もう一度アクセスしてください。
操作パネルには表示されていないが、エラーが発生している。 バックグラウンド処理を実行中にエラーが発生しても、操作パネルには表示されません。[ジョブ確認]画面を表示するか、ジョブ履歴レポートをプリントして、実行結果を確認してください。
プロキシサーバー、ファイアウォール、またはWeb サーバーに設定されているアクセス制限によって接続できない。 アクセス制限の種類には、次のものがあります。設定されているアクセス制限を確認してください。アドレス(ポート)制限、SSL 利用制限、ユーザーアクセス制限(アクセス権レベルも含む)、コンテンツブロック、利用スキーム制限(HTTP 利用不可など)、転送データサイズ制限、利用メソッド制限(POST 利用不可など)、HTTP ヘッダー制限(特定ブラウザーだけ受付など)、時間制限(特定時間帯だけ利用可能など)


この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答