IPv6 に接続できない

コンテンツID(2135)

概要

IPv6 接続時にトラブルが発生した場合の、考えられる症状と処置は次のとおりです。



症状 処置
リンクローカルアドレスを指定するときに本機にアクセスできない。 リンクローカルアドレスにスコープ識別子を付加してください。たとえばWindows Vista のInternet Explorer 7 を利用して、fe80::203:baff:fe48:9010 を指定してアクセスする場合には、Windows Vista のイーサネットアダプタローカルエリア接続の番号(例:8)をスコープ識別子として付加し、fe80::203:baff:fe48:9010%8 と入力してください。
IPv6 が利用できるWindowsOS と通信できない。 IPv6 が利用できるWindows OS で固定アドレスを設定してください。通信を許可するホストアドレスとして、設定したIPv6 固定アドレスを本機に登録してください。
ルーターを越える検索が正しく動作しない。 SMB を使った検索でルーターを越える場合、宛先アドレスを直接入力してください。マルチキャストに応答するのは、ローカルリンク内でのマルチキャスト(FF02::1)のみです。
CentreWare InternetServices で、SSL を有効に設定している場合に、http://[IPv6 アドレス]を指定してもhttps://[IPv6 アドレス]サイトへリダイレクトされない。 SSL を有効に設定している場合、https://[IPv6 アドレス]サイトを指定してください。


この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答