カスタムサイズの用紙へのプリント

コンテンツID(4121)

Mac OS ClassicのPageMaker、QuarkXPressなどからカスタムサイズの用紙にプリントするには、PPDファイルを書き換える必要があります。

その他のアプリケーションでは、AdobePS の「用紙設定」→「カスタムページ設定」でもカスタムサイズの設定ができます。

補足
  • 編集したPPDファイルを使ってプリントした場合に、うまくプリントできなかったり、プリンタードライバーが正しく表示されなかったりするときは、PPDファイルを再インストールしてください。

手順

  1. 定義するカスタム用紙サイズの単位をポイントに変換します。
    (1mmは、2.8346ptになります。定義できる用紙のサイズは、縦は100~333mm(283~943pt)、横は148~488mm(419~1383pt)です。)

    ◆ 199 × 229mmの場合
      ・199 × 2.8346 ≒ 564pt
      ・229 × 2.8346 ≒ 649pt

  2. テキストエディターでPPDファイルを開き、下線部を書き換えます。



    • CustomXXX(XXXは任意の文字列)
      • 任意の文字列を入力します。ここで入力した文字列が、プリンタードライバーの用紙設定に表示されます。
    • ImageableArea
      • プリント可能な範囲を設定します。
      • プリンターでは、用紙の端から 11.4pt は印字不可能領域になります。そのため、用紙サイズから11.4pt引いた値をここで定義します。
    • PaperDimension
      • 用紙サイズを設定します。
      • ここで設定する用紙サイズは、手順1で計算したpt単位で入力します。


この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

解決しましたか