ジョブのプリント処理

コンテンツID(3020)

ジョブとは

プリンターでプリント処理されるデータの単位を「ジョブ」と呼びます。

プリントジョブ

各クライアントコンピューターからPrint Serverを経由して、プリンターに送信されるデータです。アプリケーションで作成され、部数や用紙情報などが設定されたファイルが、1つのジョブになります。

プリントジョブ

 

 

ジョブの用紙情報

 

 

プリントジョブには、用紙サイズ、用紙種類、用紙重量などの用紙情報が含まれています。

用紙をセットしたときは、必ず、セットした用紙の情報をプリンター操作画面の[用紙トレイの設定]ウィンドウで設定してください。
また、Iridesse Production Pressには、ストックライブラリーという機能があります。ストックライブラリーとは、用紙の属性情報(サイズ、種類、坪量など)ごとに名前を付けて、用紙を管理する機能です。
登録した「ストック」は、プリントジョブに割り当てることもできます。

セットした用紙、[用紙トレイの設定]ウィンドウで設定した用紙情報と、プリントジョブに含まれている用紙情報が一致していないと、プリンターに送信されたジョブはエラーになります。

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答