用紙の保管と取り扱い

コンテンツID(1070)

用紙の保管

  • 用紙は、キャビネットの中や湿気の少ない場所に保管してください。用紙が湿気を含むと、紙詰まりや画質不良の原因となります。
  • 開封後、用紙の残りは包装紙に包んで保管してください。
  • 用紙は、折れ曲がりを防ぐために、立てかけずに水平に保管してください。

用紙の取り扱い

  • バラバラになった用紙を寄せ集めて使用しないでください。
  • 折り目やしわが入った用紙は使用しないでください。
  • サイズや種類の異なる用紙を重ねてセットしないでください。
  • OHPフィルム、フィルム、およびコート紙は、紙詰まりや重送(同時に複数枚の用紙が搬送)されることがあるので、よくさばいてからセットしてください。
注記
  • 湿度の高い場所で用紙トレイに用紙を長時間放置すると、用紙が湿った状態になります。湿った用紙を走行すると、紙詰まりや画質不良の原因となることがあります。湿った用紙はそのまま使用せずに取り除き、新しい用紙をセットして使用することを推奨します。
  • 湿気を含んだ紙、開封して放置されていた紙、カール(反り)が著しい紙などは使用しないでください。

用紙の紙粉などの清掃

用紙の端面には用紙断裁時の紙粉、コート材などが残っていることがあります。用紙を用紙トレイにセットする前に、掃除機、または乾いた布で、用紙の端面の紙粉やコート材などを取り除きます。

紙粉やコート材などを取り除きます

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答