ApeosWare ManagementSuite2.1でAWMSHostnameSetup.exeを使ってサーバーの情報が変更できない

Q:ApeosWare ManagementSuite2.1.0.xの環境でサーバーのホスト名を変更したのでAWMSHostnameSetup.exe -N <ホスト名>を実行したのですが、終了コード4で失敗してしまいます。

A:原因
データベースのホスト名が更新されていないためです。-Nオプションではデータベースのホスト名を変更しないため、旧ホスト名でデータベースにアクセスしようとしてエラーが発生しました。
本現象は、以下のどちらかもしくは両方を満たしている場合に発生します。

  • AWMSのインストール時に、データベースのサーバー名をデフォルト値のlocalhostから別の値に変更した場合
  • Flow Management Optionをインストールしている場合

回答(処置)

-Nオプションと-Dオプションでホスト名を指定し、AWMSHostnameSetup.exeを実行してください。既にAWMSHostnameSetup.exeを実行し、エラーが発生した場合も、再度-Nオプションと-Dオプションを使ってAWMSHostnameSetup.exeを実行することで、エラーを解消することができます。
なお、-Dオプションの詳細はマニュアルの[14.2 サーバーの情報の変更] の [データベースサーバーの接続先を変更するオプション]をご参照ください。

  • 注記 マニュアルには、分離構成でのみ使用可能という記述になっていますが、分離構成以外でも使用可能です。