ApeosWare Management Suite 2.0.0.8で、[管理者画面]にアクセスできない

現象

ApeosWare Management Suite 2.0.0.8がインストールされたオールインワン構成のサーバー/分散構成のメインサーバーで、AWMSHostnameSetup.exeを使用しホスト名またはIPアドレスを変更すると、[管理者画面]にアクセスできなくなりました。
また、分散構成のプリントアプリケーションサーバー/プリント入出力サーバーで、AWMSHostnameSetup.exeを使用しホスト名またはIPアドレスを変更すると、[管理者画面]から変更したサーバーにアクセスすることができなくなりました。

発生条件

以下のコマンドでホスト名またはIPアドレスを変更するとき、本現象が発生します。

AWMSHostnameSetup.exe -N {変更後のホスト名またはIPアドレス}

<対象サーバー>

  • オールインワン構成のApeosWare Management Suite 2.0.0.8がインストールされたサーバー
  • 分散構成のApeosWare Management Suite 2.0.0.8メインサーバー
  • 分散構成のApeosWare Management Suite 2.0.0.8プリントアプリケーションサーバー
  • 分散構成のApeosWare Management Suite 2.0.0.8プリント入出力サーバー

原因

ApeosWare Management Suiteの不具合です。AWMSHostnameSetup.exe -N {変更後のホスト名またはIPアドレス}を実行したときに、SSL証明書の設定に不具合があり、必要な設定が正しく更新できません。そのため、[管理者画面]へのアクセスに失敗します。

対策

以下の手順に従ってSSL証明書をバインドしてください。

  • 注記 AWMSHostnameSetup.exeの-Nオプションでホスト名またはIPアドレスを変更した後に、必ず以下の手順を実施してください。

SSL証明書のバインド手順

ApeosWare Management Suiteをインストールしたメインサーバー/プリントアプリケーションサーバー/プリント入出力サーバーで、以下の手順を実施してください。

環境をSSL構成で構築していない場合:

  1. インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーを開きます。
  2. ApeosWare Management Suite 2のサイトを選択します。
  3. [操作]バー > [バインド...]をクリックします。
  4. [種類]がhttpsのバインドを選択して、[編集]ボタンをクリックします。
  5. [SSL証明書]にApeosWare Management Suiteのホスト名と同じ発行先の証明書を選択して、[OK]ボタンをクリックします。
  6. OSを再起動します。

環境をSSL構成で構築している場合:

以下、インストール時に[インストール先]として指定したフォルダーを<INSTALLDIR>で示します。
デフォルトでは以下のとおりです。
(32ビットOSの場合) C:\Program Files\Fuji Xerox\ApeosWare MS 2\
(64ビットOSの場合) C:\Program Files (x86)\Fuji Xerox\ApeosWare MS 2\

  1. コマンドプロンプトを管理者権限で起動します。
  2. 以下のフォルダーに移動します。
    <INSTALLDIR>\Utils\Hostname Setting
  3. 以下のコマンドを実行します。
    AWMSHostnameSetup.exe -G
  4. [ポート番号]の値<port>を記録します。
  5. インターネットインフォメーションサービス(IIS)マネージャーを開きます。
  6. ApeosWare Management Suite 2のサイトを選択します。
  7. [操作]バー > [バインド...]をクリックします。
  8. [種類]がhttpsのバインドを選択して、[削除]ボタンをクリックします。
  9. マニュアル(ApeosWare Management Suite 2 機能ガイド総合編)の[2.4 準備] > [セットアップするときに通信を暗号化(SSL)する場合]にしたがって、証明書をバインドします。
    • 注記 [種類]がhttps、[ポート]が手順4の<port>であるバインドがすでに存在する場合、手順10, 11の実施は必要ありません。
  10. [追加]ボタンをクリックします。
  11. [種類]にhttp、[ポート]に<port>を設定して、[OK]ボタンをクリックします。
  12. OSを再起動します。