ApeosWare Management Suite 2.0.0.8において、機器登録ができなくなることがあります。

発生現象

現象(1)

オフライン機器注記1の登録時に、登録処理が完了せず、機器登録ができない。

現象(2)

その後OSを再起動し、再度オフライン機器を登録しようとしたところ、エラーメッセージが表示され、機器登録ができない。

原因

現象(1)について

AWMS2ではシステム管理者が機器登録作業を実施する際に、登録した機器毎に機器設定情報ファイルが生成されます。本機器設定情報ファイルのファイル名は、機器のID情報を用いて作成されますが、機器がオンラインの場合とオフラインの場合で、ID情報の取得タイミングが異なります。以下の仕様となっております。

[機器がオンラインの場合]:

機器登録時にID情報が取得される。同時に機器設定情報ファイルのファイル名が確定する。

[機器がオフラインの場合]:

機器登録時にID情報が取得されない。機器設定情報ファイルのファイル名は未確定の状態。AWMS2の定期的(1分間隔)な更新確認時に対象機器がオンラインであることが確認されると、ID情報を取得される。この時に機器設定情報ファイルのファイル名が確定する。

AWMS2では、IISリサイクル処理を毎夜(0時30分)に実行する仕様となっています。IISリサイクル処理が実行されることにより、機器設定情報ファイルの更新処理が行われます。この更新処理において、ファイル名が確定していない機器設定情報ファイルを読み込もうとする不具合がありました。本不具合により、機器設定情報ファイルの読み込み処理でエラーが発生し、機器設定情報ファイルの更新処理に失敗することで、機器登録が不可能な状態になりました。

現象(2)について

上記不具合により、現象(1)が発生した状態でOSが再起動されることで、メインサービスの起動エラーが発生しました。メインサービスが起動しなくなると、機器登録時に以下のエラーメッセージが発生し、機器登録ができなくなります。
「内部エラー:再試行しても成功しない場合は、システム管理者に問い合わせして下さい。」
現象(2)は、現象(1)の不具合が原因です。

発生後の対策

awms_patch_2_399注記2を適用してください。

  • 注記1 AWMSと通信できないプリンター・複合機
  • 注記2 本不具合の修正モジュールです。購入ユーザー専用ページより入手してご利用ください。