機能について

機器の電源が切れていたら、使用状況の収集はどうなりますか?

A:電源が切れている場合は、その期間の使用状況を収集できません。次に電源を入れたときに、その時点の使用状況を収集します。節電モード中は問題なく収集できます。

いつまでのデータが収集できているか確認できますか?

A:[概要]ページと[機器管理]ページで、日次カウンターと締めカウンターの最終受信日時を表示しています。

どのような単位で集計ができますか?

A:機器ごと、ユーザーごと、集計ラベルごとに集計できます。

集計したデータは、どのくらいの期間保存されますか?

A:Web集計のためのデータ保持期間は3年です。ジョブログや生データは5年間ダウンロードできます。

集計結果のグラフや表を印刷する場合は、どのようにすればよいですか?

A:Webブラウザーの印刷機能をお使いください。

データをダウンロードできますか?

A:ユーザー情報、および使用状況データを、CSV形式のファイルでダウンロードできます。

部門ごとにシステム管理者を置きたいのですが、何人まで増やせますか?

A:1つの管理単位につき、30人まで増やせます。

機器を追加するには、どうしたらいいですか?

A:設定ツール"Device Log Service Setup"を使って、ご契約いただいたライセンス数に達するまで機器を追加できます。ライセンス数を追加したい場合は営業担当者にお問い合わせください。

Printer MIB の集計でなにができますか?

A:Device Log Serviceで詳細通知を設定している機器が親機となり、RFC3805に準拠した複合機およびプリンターの使用状況を集計できます。Device Log Serviceに対応している機器とは異なり、取得するデータは制限されますが、Device Log Serviceの追加ライセンスを購入しなくても利用が可能です。ただし、他社機に対してPrinter MIBの集計を行う場合、他社機がPrinter MIBに準拠していない、あるいはネットワーク等の設定によって親機から子機へ通信ができないなど、他社機の動作についてはサポート対象外となります。