その他の注意事項

自己解凍書庫ファイルや、インストーラやアプリケーションを実行する際の注意

Device Log Serviceにおいて、自己解凍書庫ファイルや、インストーラやアプリケーションを実行する際は、 下記の点に注意して実行してください。
自己解凍書庫ファイル(exeファイル)やインストーラ(例えばSetup.exe)やアプリケーション起動ファイル(exeファイル)の同一ディレクトリ内に不審なファイルがないことを確認してから実行するか、新たに作成したディレクトリに自己解凍書庫ファイルやインストーラをコピーしてから実行してください。
DVDのメディア内で提供される場合はメディア内にあるインストーラーやアプリケーションはフォルダーにコピーせず、メディアから直接実行してください。
共有ディレクトリにファイルを置いて実行させる場合は、当該ディレクトリを読み取り専用にしてください。
古いインストーラの使用や、また、最初のインストール後に不正な不審なファイルが配置される可能性を回避するため、インストール後は、自己解凍書庫ファイルやインストーラを再実行しないようにパソコンから削除してください。