DocuWorks 7(ドキュワークス)

ここから本文
メニューを省略する

DocuWorks 7(ドキュワークス)

Windows® Internet Explorer® 9およびMozilla® Firefox® 4上での動作について

Windows® Internet Explorer® 9およびMozilla® Firefox® 4の環境でDocuWorksをお使いになる場合の注意事項をご案内いたします。
DocuWorks 7の場合
Windows® Internet Explorer® 9上でDocuWorksファイルを開き、DocuWorks PDF Creator、Adobe® PDF、Microsoft® XPS Document Writerなどに印刷した後、DocuWorksファイルに対してキーボード操作が出来なくなることがあります。この現象が発生した場合でもマウスで操作できます。また、DocuWorksファイルを開きなおすと再びキーボード操作ができるようになります。
DocuWorks Viewer Light 7の場合
Windows® Internet Explorer® 9上でDocuWorksファイルを開き、DocuWorks PDF Creator、Adobe® PDF、Microsoft® XPS Document Writerなどに印刷した後、DocuWorksファイルに対してキーボード操作が出来なくなることがあります。この現象が発生した場合でもマウスで操作できます。また、DocuWorksファイルを開きなおすと再びキーボード操作ができるようになります。
Mozilla® Firefox® 4の環境にDocuWorks Viewer Light 7をインストールする場合、Mozilla® Firefox® 4のインストール先フォルダーに”plugins”フォルダーがあらかじめ存在している必要があります。(Cドライブに標準でインストールされた環境の場合C:\Program Files\Mozilla Firefox\plugins です。) 存在しない場合にはインストール前に作成してください。
隠し印刷を設定したDocuWorksファイルは、Mozilla® Firefox® 4上で開いた場合には印刷できません。Internet Explorer®でファイルを表示して印刷するか、ダウンロードしてViewer Lightでファイルを表示して印刷してください。
Mozilla® Firefox® 4上で保護文書を開く際にエラーが発生し、ファイルが開けない場合があります。Internet Explorer®で開くか、ダウンロードしてViewer Lightでファイルを開いてください。
DocuWorks 6の場合
Windows® Internet Explorer® 9上でDocuWorksファイルを開き、DocuWorks PDF Creator、Adobe® PDF、Microsoft® XPS Document Writerなどに印刷した後、DocuWorksファイルに対してキーボード操作が出来なくなることがあります。この現象が発生した場合でもマウスで操作できます。また、DocuWorksファイルを開きなおすと再びキーボード操作ができるようになります。
Windows® Internet Explorer® 9でDocuWorks Viewer Controlの編集モードを終了するときには、必ずViewer Controlのツールバーの[閉じる]ボタンを押してください。ブラウザーの×ボタンや[戻る]ボタンを押す、またはファイルメニューの[閉じる]を実行するなど、Viewer Controlのツールバーの[閉じる]ボタン以外の操作により編集モードを終了すると、編集内容が破棄され、サーバー上のDocuWorksファイルがロックされたままになります。ロックされた場合はしばらく待ってからアクセスしてください。
Windows® Internet Explorer® 9では、テキストアノテーションのプロパティが正しく表示されず、操作中に異常終了する場合があります。
Windows® Internet Explorer® 9でDocuWorksファイルを表示し、Internet Explorer®の印刷メニューを実行してもDocuWorksファイルは正常に印刷されません。DocuWorks Viewer Control の印刷メニューを使用してください。
Windows® Internet Explorer® 9において、POSTメソッドを使用しているWebアプリケーション上のDocuWorksファイルが表示できないことがあります。
ここまで本文