DocuWorks Printerを生成する処理に関するログファイルについて

登録日: 2018年1月17日
最終更新日: 2018年1月17日
コンテンツID: 00342

回答

【対象環境】DocuWorks 9

概要

DocuWorks Printerを生成する処理に関するログファイルについて解説します。

詳細

  1. DocuWorks 9をインストールする場合、インストール中の、DocuWorks Printerを生成する処理については、ログを残す動作になっています。ログファイルは、カレントユーザーのTEMPフォルダーに作成されます。
    これらのOSでDocuWorks Printerの生成に失敗する障害が発生した場合、ログファイルの内容を確認することで、障害の対応ができる可能性があります。
  2. ログファイルが作成されるカレントユーザーのTEMPフォルダは、通常、以下のフォルダーに設定されています。
    OS ユーザー環境変数「Temp」の既定値
    (CドライブにOSをインストールした場合)
    Windows Vista® / 7 / 8.1 / 10 C:¥Users¥ユーザー名¥AppData¥Local¥Temp

    カレントユーザーのTEMPフォルダーの正確な確認方法は、次の通りです。

    • [スタート]メニューから、[コントロールパネル]を開き、「システム」を開いてください。
    • 「システムのプロパティ」ウインドウで、[詳細設定]タブの「環境変数」ボタンを押してください。
    • 「環境変数」ウインドウの上段にある「ユーザー環境変数」に、変数「TEMP」が登録されています。「値」にあるパスがそのユーザーのTEMPフォルダです。
  3. ログファイルは、2.に示したカレントユーザーのTEMPフォルダー内にある、次の名前のフォルダー内に作成されます。
    • 「DWSetupYYYYMMDD」フォルダー注1
    • 注1YYYYMMDDはインストールを行った日時です
      例) 2013/10/04に実行した場合は DWSetup20131004
  4. DocuWorksのインストール時に、「DocuWorks Printerの作成に失敗しました」などのエラーメッセージが表示された場合、上記記述のフォルダーおよびフォルダー内のファイルすべてを収集いただき、お客様名とシリアルナンバー、お使いのOS、DocuWorksのバージョンをご確認のうえ、当社のカストマーサポートセンターへお問い合わせください。

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

解決しましたか