アップデートでの変更点を教えてください

登録日: 2018年11月20日
最終更新日: 2020年1月15日
コンテンツID: 00589

回答

リリースノートでご確認いただけます。最新のリリースノートは以下の通りです。

DocuWorks トレイ 2 アップデート 2.1.1 リリースノート

2020年1月
富士ゼロックス株式会社

本書の内容を正しく表示できない場合は、新しいバージョンのWebブラウザー(以降、ブラウザー)でごらんください。
DocuWorks トレイ 2 アップデート 2.1.1(以降、本ソフトウェア)をご使用いただくための情報を説明します。

目次

1. 本ソフトウェアの概要

本ソフトウェアのアップデート(更新)対象のバージョンは、DocuWorks トレイ 2(バージョン2.0.0、2.0.1、および2.1.0)です。
本ソフトウェアをインストールすると、DocuWorks トレイ 2.1.1にアップデートされます。

2. 変更点

2.1.0から2.1.1への変更点

  • Working Folder連携トレイにおいて、選択した文書を格納するとき、一度に処理できる上限サイズは2 GBになりました。
  • アップグレードライセンスを使用してセットアップした環境において、バージョン2.1.0へのアップデートやバージョン2.1.0での修復インストールをすると、DocuWorks トレイ 2の起動時にDocuWorks ドキュメントトレイ オプション 1.3以前のシリアル番号の入力画面が表示されることがある問題を修正しました。(66654、86097)
  • Working Folder連携トレイに文書を格納する際、同名ファイルが存在する場合は、ファイル名の末尾に「-(ハイフン)+数字」を付けて保存するよう変更しました。(85434)
  • Windowsの[アプリと機能]画面で、DocuWorks トレイ 2の[変更]をクリックして表示される画面からアンインストールした場合に、[アプリと機能]の一覧にDocuWorks トレイ 2の項目が残ってしまうことがある問題を修正しました。(86090)
  • 同じキャビネット内のフォルダを保存先に設定しているWorking Folder連携トレイ間で、ロックされている文書が移動できるようになりました。(86189)
  • Working Folder連携トレイにおいて、ログインしてから60分経過したあと、トレイから文書を取り出すときにエラーになる問題を修正しました。(86327)
  • DocuWorks 9 サブスクリプション版とDocuWorks トレイ 2 ライセンス認証版がインストールされた環境において、バージョン2.1.0へのアップデートやバージョン2.1.0での修復インストールをすると、DocuWorks トレイ 2のライセンスの解除ができなくなる問題を修正しました。(87367)

2.0.0から2.1.0への変更点

  • トレイのプロパティの[特定の属性を持つ文書のみ表示する]チェックボックスを有効にし、表示する文書の属性条件を設定することで、設定した条件に合致する文書のみトレイウィンドウで表示することができるようになりました。
  • (保存場所が[ファイルサーバーまたはPCのフォルダ]のトレイの場合のみご利用いただけます。保存場所がWorking Folderのトレイの場合はご利用いただけません。)
  • トレイのプロパティの[お仕事バーにトレイを設定時、トレイガジェットを表示する]チェックボックスの設定にて、お仕事バーおよびツールバーにトレイを設定したときに、トレイガジェットを表示するかどうかを切り替えることができるようになりました。
  • トレイ削除の警告メッセージ表示時にトレイを終了すると、次回トレイを起動することができない問題を修正しました。(24086)
  • 保存先がWorking Folderのトレイで、トレイウィンドウのリスト表示時の整列項目に[ユーザー][作成日]がない問題を修正しました。(24131)
  • ネットワークドライブをユーザーフォルダとして指定している場合、ネットワークが遮断されている状態で保存先がWorking Folderのトレイを開くと、トレイが異常終了する問題を修正しました。(24869)
  • 保存先がWorking Folderのトレイにて、Working Folderにログインする際のパスワードに「¥」が含まれていると、操作履歴およびポーリング処理ができない問題を修正しました。(25891)
  • ネットワークの設定で[プロキシを使用する]チェックボックスが無効で、アドレスとポートに不正な情報または空文字が設定されている場合、操作履歴およびポーリング処理ができない問題を修正しました。(26091)
  • トレイウィンドウで、DocuWorks入れ物文書の拡大表示ができない問題を修正しました。(55642)
  • ネットワーク設定で、ユーザ認証なしでのプロキシ設定ができない問題を修正しました。(56891)

3. インストールについて

本ソフトウェアをインストールする前に、以下の注意事項をお読みください。

3-1. インストールに必要な環境

本ソフトウェアをインストールするには、お使いのコンピューターにDocuWorks トレイ 2(バージョン2.0.0、2.0.1、または2.1.0)がインストールされている必要があります。

3-2. インストール時の注意事項

  • セットアップは、必ずインストール用のプログラム「Setup.exe」を実行して行ってください。
  • インストールする前に、DocuWorks トレイと、起動しているほかのアプリケーションを終了してください。
  • インストールを途中で終了した場合、DocuWorks トレイは正しく動作しません。DocuWorks トレイを使用するには、再度インストールを実行してください。
  • ファイルのコピーができないというエラーが発生した場合、その主な原因として以下のことが考えられます。
    • インストール先のディレクトリーまたはファイルが書き込み禁止になっています。
      インストール先に書き込みができるように、ディレクトリーまたはファイルの属性を変更してください。
    • インストール元のファイルが読めません。
      インストール用の圧縮ファイルが正常に解凍されたかを確認して、再度セットアップを実行してください。
  • インストール後にフォルダー構成を変更したり、ファイルを移動したりしないでください。正常に動作しなくなる場合があります。
  • インストールするユーザーにAdministratorと同等の権限が必要です。

3-3. インストール手順

  1. ホームページからダウンロードした自己解凍形式のファイルを実行したあと、解凍先のフォルダーにある「Setup.exe」を実行します。
    インストーラーが起動します。
  2. インストールのダイアログボックスで、[次へ]をクリックします。
  3. 使用許諾契約の内容を確認します。
    [使用許諾契約の条項に同意します]を選択して、[次へ]をクリックします。
    インストールを開始するかどうかを確認するためのメッセージが表示されます。
  4. [インストール]をクリックします。
    インストールが開始されます。
    インストールが完了すると、完了のダイアログボックスが表示されます。
  5. [完了]をクリックします。

4. バージョン情報、および確認方法

本ソフトウェアによって更新されたバージョン情報は、トレイ管理アイコンのポップアップメニューから[バージョン情報]を選択して確認できます。本ソフトウェアのインストールによって表示されるバージョン名は、次のとおりです。

  • Fuji Xerox DocuWorks Tray Version 2.1.1

5. 注意と制限

本ソフトウェアは、DocuWorks トレイ 2(バージョン2.0.0、2.0.1、または2.1.0)をインストールされたお客様に対してだけ提供されるものです。そのほかのバージョンのDocuWorks トレイは、アップデートできません。

6. その他

Microsoft、およびWindowsは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。

その他の社名、または商品名等は各社の登録商標または商標です。
Xerox、Xeroxロゴ、およびFuji Xeroxロゴは、米国ゼロックス社の登録商標または商標です。
DocuWorksおよびドキュメントハンドリングは、富士ゼロックス株式会社の登録商標または商標です。

本書の内容は、予告なく変更することがありますので、ご了承願います。

Copyright(C) 1996-2020 Fuji Xerox Co., Ltd. All rights reserved.
管理No. ME8573J1-2版

この情報によってお客様の問題や疑問は解決しましたか?

設問への回答